いつか合気道の道場を設計したい建築家のブログ

category

省エネ(断熱・気密等)

2020年11月18日

省エネ建築診断士 

2020年9月3日-4日、10 日 そして22日はフォローアップ開催の第33回省エネ建築診断士セミナー 今回はオンラインでの受講で試験もオンライン。 回答を送信できたのか?届いているのか? ドキドキの場面もありましたが届いているとの事で一安心。 そんなこんなで無事合格 登録証が送られてきました! 裏にはこんなことが書いてあります!! 省エネ建築診断士は 持続可能でゆとりある社会の実現のために、資産価値の高い建築物を次世代に残します。 正しい建築物理の知識と最新の技術情報に基づき、省エネルギーで健康、快適な室内環境を実現します。 自らが関わるプロジェクトにおいて、限りある資源を無駄にせず、再生可 […]

2020年09月17日

省エネ建築診断士 オンラインセミナー

受けようと思っていたらコロナ騒動でセミナー受講が延び 9月の初めから3日の日程と試験勉強、最終課題の提出がたった今終わりました。 オンライン。資料とテキスト、プログラム操作もあるかもなのでマルチ画面で受講中。 忙しい! 試験を終えて 次の回PHPPという計算ソフト操作を勉強中。   以前はQ PEX 、エナジーズー を使っていたのでロジックは理解できているつもり。 今回はより細かく設定が出来、現実との誤差を修正されてきた経緯のソフトという事。 設計段階でのシミュレーションをどのように使うかが非常に興味深い。   最終課題は自立循環型住宅のモデルプランをパッシブハウスレベルに […]

2020年09月12日

地球温暖化対策、建築に出来る事で建て主にも大きなメリットがある

パッシブハウスジャパンの省エネ診断士のセミナーを受けました。 初日は実務でやってきた復習的な内容でありながら、冒頭の現状を示すグラフに意識がひきつけられました。 地球温暖化の未来予測、それが原因となって起こりうるシナリオ、日本のCO2(二酸化炭素)排出量と人口比と世帯当たりの二次エネルギー消費量の推移 等々 知っていた内容ですが心にひっかかりがあり未来への気がかりが表面化した感じ。 気候変動の動きが肌で感じるようになってきたここ数年、このままいくとどうなるのだろうという不安。 特に建築を設計するものとしては風や雨、地震等に対する性能はどんどん高まる一方で気候変動という原因に対する視点が抜けてい […]

2020年08月30日

防露性能を考える 断熱化が結露を防ぐわけではない

「断熱化が結露を防ぐわけではない」というサブタイトルが気になって 住宅医のスキルアップ講座(オンライン)に参加しました。   住宅医とは?   ボクも10年ほど前のスクール卒業生で住宅医ですので 10年前ほど前から壁、屋根、床の仕様部材、構成材料による結露計算を行い安全性を確かめて設計してきました。   ですが、ここ最近の温暖化、湿度の高い日が長く続く、冷暖房期の間欠運転から常時運転へ等々 気候変動や住まい方も徐々に変わってきているので最新の情報へとアップデートです。     自分の設計と照らし合わす形で備忘録として残します。   【 […]

2019年12月23日

セルロースファイバー 採用にあたって

先日、事務所のこれからの在り方についての二人でMTG! 目標についてのお題をブレストしたわけですがどうもボクは言葉にならない^^; 大事なことが色々ありすぎてまとまらないせいか言葉にならないのか・・・   こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 合気道建築家 中西義照(てる)です^^     どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね。 ↓↓↓↓↓ 「建築を通して円満を伝える合気道建築家」中西義照(〇てる〇)プロフィール   断熱問題も悩ましいと感じられる方も多いのでは!!   グラスウール、ロックウール、羊毛 […]

2019年08月29日

住宅設備を考えるシンポジウム

こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 合気道建築家 中西義照(てる)です^^ どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね。 ↓↓↓↓↓ 「建築を通して円満を伝える合気道建築家」中西義照(〇てる〇)プロフィール   今回の話である住宅設備とは,、主に冷暖房等の 空気調和設備 のお話です。   冒頭から 「設備の前に断熱、気密が大切!」 理由は設備の能力を発揮させるには外皮性能がしっかりしてないと暴力的なパワーが無いとまかないきれず、機器の前は温かいけど場所によっては寒いような温度ムラが出来るという事。   10〜20年を見据えた設 […]

2019年06月23日

エアコン(暖冷房)の能力の決め方

こんにちは!家の性能は数値で出すとわかりやすい!! 設計業務の中にはカタチを考えるだけでなく計算することもたくさんあるのです^^ 家の性能を数字でわかりやすくする合気道建築家 中西義照(てる)です^^   FORMAで設計をする家のお施主様にエアコン選定の目安をお知らせしています。 なぜか? 「エアコン購入に際して適正なエアコンを選んで貰う為」  です。   家電店では部屋の大きさでエアコンを進めるところがほとんどだと思います。   しかし、断熱仕様を加味して計算すると部屋の大きさで決めた機種よりも小さいエアコンになる事が多いのです。   そして必要な能 […]

2019年06月16日

住宅医がリフォームで関わる理由 

こんにちはリフォーム時は住宅医となり家を診断しつつ設計する 合気道建築家 中西義照(てる)です^^   フェイスブックの投稿がきっかけで、伝統工法のリフォーム現場見学会をすることになりました! お施主さまに聞いたところ快諾していただき工事現場に見学に来ていただくことになりました。   来られたのは   枚方市で家の性能を大切にされ、自然素材を活かした家づくりをされてる 「株式会社 中川忠 工務店」 棟梁こと中川さん と かんなさんこと緒方さん   京都で町家の改装を沢山されている設計事務所  「合同会社あんばい」  草島さん     […]

2019年06月02日

リフォームの前に作戦会議

こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 外皮計算はもちろん温熱環境計算もする合気道建築家 中西義照(てる)です。   今回は前回に書いた 「薪ストーブを入れるにあたって外皮性能(温熱性能)計算した」 の続きの記事になります。   実際にシミュレーションをして見えてきたことを手掛かりに要望と条件を整理してデザインを提案しました。   ご夫婦に説明をした帰りの途中にメールが送られてきました!^^   今日はプランのご説明ありがとうございました! いやー、ああやってスケッチでビジュアル化して、 数値で温熱環境を説明していただけると、 ほんとうに良く分か […]

2019年05月19日

薪ストーブを入れる前に 外皮(断熱性能)計算してみる

こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 合気道建築家 中西義照(てる)です^^   友人が薪ストーブを導入するという事でご相談いただきました。 頼りにしてくれてうれしいです^^     現在の住み心地や気になる事、困っていることなどを色々と聞かせてもらいました! 薪ストーブを入れるスペース的な問題以外にも断熱性能や日射取得や遮蔽方法寒さの感じ方等いくつかの気になるところが有りました。   そして、薪ストーブを入れる事で暖かくなると思っているところがありました。 単純に熱源が増えるので暖かくなるのは間違いないのですが窓の大きさや室容積等負荷もある事 […]