works

FORMAの家デザイン

松ヶ崎の家

福井県小浜市

構造:木造2階建て

敷地面積:231.15 ㎡

延べ面積:155.15 ㎡

家族構成:夫婦 子供2人

竣工:2008年11月

住まい手と設計のコンセプトを考えた際に「頑丈で安心、将来にわたって永く住み続けられる家、身の丈にあった家」という、当たり前ですが、家にとって一番大切な事柄が設計の核となりました。 この住まい手の思いを設計の基本事項として、「開放的であるけれどもプライバシーもきちんと守られる家」という、一見相反するように思える要望を、家の中心に中庭を設ける設計により開放感とプライバシーの両立を実現し、より上質で気持ちの良い家となりました。

本町の家

京都府亀岡市

構造:木造2階建て

敷地面積:293.73 ㎡

延べ面積:232.64 ㎡

家族構成:夫婦 子供3人

竣工:2008年12月

住宅の用途ととして「事務所併用住宅」にしたいという要望があり、1階は事務所と和室(ゲスト用)、2階が住宅という構成となりました。住宅の中心に中庭を設けることにより、周囲を住宅に囲まれた敷地でありながらプライバシーをしっかり守り、気持ちよく外とつながる設計となっています。 1階は、事務所スペースと和室(ゲスト用)となります。相互の間に土間をつくる事で、それぞれの領域が程よい間合いになるよう設計しています。事務所スペースでありながら落ち着きのある空間となっています。2階は、中庭を中心にして回廊のようにLDK、子供室などを配置させ、ゆったりと寛げる気持ち良い空間となっています。

Chill House

京都市西京区

構造:木造2階建て

敷地面積:185.43㎡

延べ面積:119.24㎡

家族構成:夫婦、子供2人

竣工:2020年12月

Chill House のChill は「のんびりしている、落ち着いてリラックスしている」というニュアンスです。 共働きで緊張が強いられるお仕事のご夫婦なのでオフの時間は家でリセット出来るようにとデザインを行いました。 敷地は、間口が約7.3m 奥行が約25mという南北に長い敷地になるため、採光や、通風、動線に工夫が必要な敷地でした。南面の前面道路は生活道路ですが、人や車の往来が多く、プライバシーの確保に配慮することが必要でした。 ヒアリングの中から導き出された方向性 ・外と内が自然につながる (南北軸と上下軸)  ・パッシブデザイン:太陽光を採光や、熱源として積極的に利用し建物の燃費をよくする(HEAT20 GⅡレベル) ・暮らしの動きが機能的で家事軽減になる家   ・将来の維持管理を軽減する家   大きすぎず小さく整えて住む/シンプルな外観構成/維持管理のしやすい素材   ・時を経ても風合いの出る素材をつかう ・将来のライフスタイルの変化に対応できる家 ■空間構成 1階パブリックなスペース、とすることで採光、空気の動きが滞らない機能を割り当てています。 2階プライベートスペースですが上下階間は吹き抜け、平面上はウォークインクローゼットを介して空気の動きを促進させる平面計画としています。 併せて個室の温度ムラを無くす為、エアコン嫌いの住まい手の為にガデリウスのGエアー(冷暖房換気システム)を採用しています。 内部の空気環境を整えて内から外が楽しめ、外から内が楽しめる家をめざし家族の暮らしの活動の幅を拡張する家を目指しました。

Alley House

京都市南区

構造:木造2階建て

敷地面積:115.43㎡

延べ面積:124.60㎡

家族構成:夫婦 子供2人

竣工:2019年9月

大通りに面した敷地に建つパッシブソーラー(太陽集熱 そよ風2)のある家です。 道路側にはガレージ棟で街の喧騒や視線を遮り、母屋との間に中庭を設けダイニングキッチンを土間として中庭に繋がる家として計画しました。 家業が食品加工を営んでおられるので日常の暮らしの中で商品開発を行う事が多く、近くに住まわれるご兄弟ご家族との行き来も頻繁でたまに庭を使ってBBQもしたい。 そうした時間をより居心地よく過ごす場所としての中庭とダイニングキッチンを土間としてつなげる事になりました。 そうすることで内と外の境界があいまいになり使い方に多様性が生まれ家族らしい工夫が生まれていくように思います。

とんぼあん

京都府長岡京市

構造:木造2階建て

敷地面積:95.60 ㎡

延べ面積:83.01 ㎡

家族構成:夫婦 子供1人

竣工:2019年10月

建替えをされた住まいです。 床の間のある和室、そこから見る庭の景色、ひいおじいさんの代から受け継いだ掛け軸や骨董品、休日は自転車で神社やお寺さんへ、話し方も雰囲気もとても穏やかなご夫婦は、好きなことや住まいへの想いがはっきりされていました。 床の間のある和室は、飾る楽しみ、ゴロゴロする楽しみ、畳の部屋を上手に使いこなしながらの暮らしをされています。遊びに来られた友人が、和室っていいなぁとあらためて感じられたように、和室のある暮らしを見直してみようと思う住まいです。 全体的な家の構成 1階:LDK、和室、洗面、浴室、トイレ 2階:寝室、個室(子供室+ロフト)、クローゼット、ワークスペース コンパクトな住まいですが、家族共有のワークスペースがあり、ご主人のリモートワークのスペースになりました。階段下を利用した玄関から続く土間収納には、折りたたみ自転車やアウトドア用品が収まり、室内側は日用品などの収納です。必要なものと気に入ったものだけを持つ暮らしは、物の管理もしやすくとても気持ちよさそうです。 又、ご夫婦と相談し、太陽の熱と建築のしくみを活かしたシンプルな空気集熱ソーラーシステム※びおソーラーを採用しています。夏と冬の切替スイッチは手動なので、季節を自分で感じ、暮らしに合わせて使いこなしていきます。生活しながら、その家ならではの暮らしの工夫をしていくことを楽しみに感じられているのだと思います。 ※びおソーラー: https://biosolar.jp

ツドウイエ

大阪府北摂

構造:木造2階建て

敷地面積:237.52 ㎡

延べ面積:181.19 ㎡

家族構成:夫婦 子供2人

竣工:2012年7月

完成してから7年後に撮影をさせていただきました。当時はお子さんが小学生と中学生でした。1匹の家族が増えたりお子さんが成長されて離れて暮らされるようになったりされていますが、ていねいな暮らしは当時から変わらず訪れるたびに手入れのいきとどいた暮らしを感じます。 設計当時は、物選びの楽しさをたくさん感じられた家づくりされたと思います。家の完成時に「とても楽しかったです」と感想をいただいたのが印象的でした。 ガラスの創作活動を楽しみ、ペットとの暮らしを楽しみ、家族を大事にし、暮らしを大事にし、家を大事にし、家族が仲良く「ツドウイエ」は、ていねいな暮らし方のお手本にしたい住まいです。

音楽室のある家#02

京都府西京区

構造:木造2階建て

敷地面積:159.89 ㎡

延べ面積:98.97 ㎡

家族構成:夫婦 子供1人

竣工:2018年8月

土地探しからのご相談 住まい手のKさんたちの要望は明確だったこともあり、候補地がでたときに「ここの土地ならこんな家ができる」という検討が早くでき、結果的に土地購入までの決定がとてもスムーズでした。 要望 1.マリンバとピアノを置く音楽室がほしいこと。 2.友達が集まってご飯を食べたり、庭でBBQがしたいこと。 3.車を2台駐車できること。 音楽室 ほぼ正方形の家の真ん中に音楽室があります。閑静な住宅街で楽器を演奏する音楽室を設ける場合、音が外にもれないことは重要です。家の真ん中に音楽室を配置できる敷地は最適で、家の中にいれば少し音がもれても外部には音がもれません。 そして、音楽室はガラス越しにダイニングやリビングとつながっています。楽器を演奏し練習することが、特別ではなく生活の中に溶け込む暮らしができるようになっています。 ※設計中に「 音楽室のある家 」のIさんのお住まいで音楽室の見学体感をされました。 又、家の中心に音楽室を配置したことで、回遊できる動線ができました。音楽室を中心に、玄関、読書スペース、リビング、ダイニング、キッチン、パントリーがグルグル回遊できます。この動線が、共働きで日々とても忙しいご夫婦の毎日の家事や子育てを助けてくれています。 パッシブソーラー パッシブデザインの考え方をベースとしたソーラーシステムを取り付け、家全体の温度差が少なくなるように計画しています。 具体的には、空気集熱式ソーラーシステム「そよ風2」(環境創機)を使い、気密や断熱性能をあげて太陽熱を利用して空気を室内に循環させています。 冬場は南面開口部から日射取得を行うと共に、太陽で暖めた屋根面の空気を床下の基礎に蓄熱させ、床の吹出口から暖かい空気を送り循環させています。留守にしていても「そよ風」が働いてくれているので、冬の間、暖房機器をつけなくても家が冷え切ることがなく、寒く感じる時間だけエアコンなどの暖房を使います。 逆に、夏場は庇で日射を遮り、屋根面の熱い空気を排気し、夜の放射冷却が見込めるときは、外気より低い温度を基礎に蓄冷して室温を下げます。 ※設計中に「 テイネンゴノイエ#03 」のTさんのお住まいでそよ風の見学体感をされました。

テイネンゴノイエ #03

京都府城陽市

構造:木造2階建て

敷地面積:167 ㎡

延べ面積:123 ㎡

家族構成:夫婦

竣工:2017年5月

テイネンゴノイエ#03の特徴は、パッシブデザインの考え方をベースとしたソーラーシステムを取り付け、家全体の温度差が少なくなるように計画したことです。具体的には、空気集熱式ソーラーシステム、環境創機の「そよ風2」を使いました。 ※そよ風を使ったTさんの暮らし 冬の使い方としては、日中はそよ風と太陽の直射日光(ダイレクトゲイン)が部屋を暖めてくれます。日が落ちると徐々に室温が下がりますが、蓄熱された床下からの放熱で夜も暖かく、一番気温が下がる朝に2時間ほどエアコンを運転し、快適温度に到達したら翌朝までエアコンなしでOKだそうです。 体感温度は人それぞれ個人差がありますが、壁、天井、床の表面温度も室温に近い温度です。 そして、冬場の暖かさはもちろん、夏場も外気が38℃近くになった時でも室温は30℃以上(エアコン使用無し)にはならないデータがでました。夏も冬も体への負担が少ないのはとてもうれしいことです。 予想以上に満足していると、住まい手のTさんはおっしゃいます。ご主人は定年後から家事を始められたり、お互いを尊重しながら、お二人の暮らしを楽しまれています。「夫婦二人のための家を建てられてよかった」とおっしゃるTさんご夫婦です。 定年後の家と子育て世代の家では、大事に考えることも変わります。永く安心して暮らせることは同じですが、ご夫婦二人の暮らしやすさをより大切に考えています。

うちんく

京都市東山区

構造:木造2階建て

敷地面積:114.90 ㎡

延べ面積:74.54 ㎡

家族構成:夫婦 子ども2人

竣工:2016年10月

「うちんく」は、土佐弁で「わたしのいえ」という意味です。場所は京都東山の静かな住宅地、土佐出身のご夫妻と男の子2人のM さんご家族の住まいです。 自然素材を使い、狭くとも明るく日向のような心地良い空間があり、簡素だけど機能性・合理性を備えた家がほしい。次の世代に住み継ぐという思想で、定期的な点検、簡易な修繕を行い建物の寿命をのばして価値を維持、価値を高めるくらいの 意識でいたいと思います。ご相談にこられたM さんご夫妻の思いでした。 ご夫婦ともに本を読むのが好きです。小さなお子様二人ですので、ゆっくりされる時間がなかなかとれない時期ですが、日々は夫婦共働きの暮らしが活動しやすいこと。そして休日はゆっくり読書や、居間からつながる縁側、庭でくつろげるゆとりのある 住まいになりました。 時間にゆとりができたら家庭菜園を愉しみたいとおっしゃるM さんは、寒いのが苦手だそうです。寒い京都の冬に、自家製野菜を使ったお鍋を家族で楽しめ、ほっこり温まれたら素敵だな。そんな光景をイメージしながら計画が進みました。