spec

住宅の性能

数値的な基準をクリアしつつ、居心地の良い家をデザインします。
FORMAにとって居心地の良いとは、「うつろい」です。
そして「うつろい」は自然をベースとします。
私たちは「うつろい」を表現するために、
パッシブデザインという自然を生かす設計手法を取り入れています。

自然を生かすパッシブデザイン

パッシブデザインの考え方

建築的に自然エネルギーをコントロールするというと難しいようですが、風の通り道、明るさの調整、冬は熱を取り込んだり蓄えたり、夏は熱を逃がしたり、といったことを季節に応じて上手にいかす設計とすることです。

山や田畑、自然豊かな場所に暮らす家だけではなくて、どの家にも自然環境はあります。 どの家も自然の中に家を建てているということです。

地域の気候特性を把握し、必要な性能基準と、自然エネルギーをコントロールする仕組みや考えを取り入れることで、春や秋のように過ごしやすい室温で暮らせる期間を長くする家を目指しています。

・自然な風を感じるように、風の通る方向を把握し、窓を家の対角に配置
・冬場の室内を自然と暖めるために、ダイレクトゲイン(太陽光)を最大限取り入れる南窓
・夏場の日射を遮るための庇や軒
・蓄熱容量の高い素材(土間、土壁、石材など)

FORMAでの主な手法

地域性、周囲の環境、お客様のライフスタイル、暑さ寒さの感じ方など、さまざまなスタイルがあります。1つの考え方や手法に固執することなく、最小限のエネルギーを使って、最大に快適な暮らしができる家をデザインいたします。

例えば
・パッシブソーラー集熱システムによる暖房や給湯設備(そよ風、びおソーラー等)
・熱交換換気とエアコンを直結し、室内温度を一定にする設備(全館換気冷暖房システム)
・床下エアコン暖房
・薪ストーブ、ペレットストーブ等

施工の事例

新築住宅の性能基準値

耐震性能:耐震等級3

建築基準法の耐震基準を満たせば「等級1」、その1.25倍は「等級2」、1.5倍は「等級3」になります。許容応力度計算による耐震等級3の性能を備えます。
既存住宅は、耐震診断を元に耐震補強設計を行い耐震性能を高めます。

断熱性能:G2レベル

ヒート20G1レベルを最低として、G2レベル(地域区分6の場合:UA値0.46)を標準にする設計をしています。

数値で見る実例

UA値(外皮平均熱貫流率)の実例

UA値
(外皮平均熱貫流率)
テイネンゴノイエ#03 0.55 実例を見る
ほどよい家 0.54 実例を見る
サルトリイバラハウス 0.44 実例を見る
タイニーハウス 0.42 実例を見る
カジュトクラスイエ 0.54 実例を見る
O-house 0.40 実例を見る
2.5階の家 0.57 実例を見る
Alley House 0.41 実例を見る
とんぼあん 0.49 実例を見る
音楽室のある家#02 0.39 実例を見る

既存住宅の耐震基準の改善例

耐震診断結果 耐震改修後
2012年 亀岡市篠町  H様邸 0.12 1.02
2013年 亀岡市安町  T様邸 0.09 0.88
2015年 亀岡市旭町  H様邸 0.14 0.70
2016年 亀岡市大井町 T様邸 0.17 0.72
2017年 亀岡市西別院町 F様 0.33 0.77
2018年 亀岡市中矢田町 T様 0.38 0.75

※おおよそ0.7以上で、自治体レベルで補助金対象となる耐震改修の最低基準となっております。

性能 + 暮らしの工夫

パッシブデザイン、高断熱、高気密、といった上記の話を、 より効果的にする暮らし方の工夫はいかがでしょうか。

例えば、
窓の外側に簾(スダレ)やよしずを利用する。
グリーンカーテンを育てる。
夕暮れに打ち水をする。
南の庭に夏は陽ざしを遮り冬は陽ざしが射し込む落葉樹を植える。

住まい手ができる暮らし方の工夫はいろいろありますし、その効果も大きいです。
無理なくできることから始めてみるのをお勧めします。

パッシブデザインについてのおすすめ記事

2020年11月18日

省エネ建築診断士 

2020年9月3日-4日、10 日 そして22日はフォローアップ開催の第33回省エネ建築診断士セミナー 今回はオンラインでの受講で試験もオンライン。 回答を送信できたのか?届いているのか? ドキドキの場面もありましたが届いているとの事で一安心。 そんなこんなで無事合格 登録証が送られてきました! 裏にはこんなことが書いてあります!! 省エネ建築診断士は 持続可能でゆとりある社会の実現のために、資産価値の高い建築物を次世代に残します。 正しい建築物理の知識と最新の技術情報に基づき、省エネルギーで健康、快適な室内環境を実現します。 自らが関わるプロジェクトにおいて、限りある資源を無駄にせず、再生可 […]

2020年09月17日

省エネ建築診断士 オンラインセミナー

受けようと思っていたらコロナ騒動でセミナー受講が延び 9月の初めから3日の日程と試験勉強、最終課題の提出がたった今終わりました。 オンライン。資料とテキスト、プログラム操作もあるかもなのでマルチ画面で受講中。 忙しい! 試験を終えて 次の回PHPPという計算ソフト操作を勉強中。   以前はQ PEX 、エナジーズー を使っていたのでロジックは理解できているつもり。 今回はより細かく設定が出来、現実との誤差を修正されてきた経緯のソフトという事。 設計段階でのシミュレーションをどのように使うかが非常に興味深い。   最終課題は自立循環型住宅のモデルプランをパッシブハウスレベルに […]

2020年09月12日

地球温暖化対策、建築に出来る事で建て主にも大きなメリットがある

パッシブハウスジャパンの省エネ診断士のセミナーを受けました。 初日は実務でやってきた復習的な内容でありながら、冒頭の現状を示すグラフに意識がひきつけられました。 地球温暖化の未来予測、それが原因となって起こりうるシナリオ、日本のCO2(二酸化炭素)排出量と人口比と世帯当たりの二次エネルギー消費量の推移 等々 知っていた内容ですが心にひっかかりがあり未来への気がかりが表面化した感じ。 気候変動の動きが肌で感じるようになってきたここ数年、このままいくとどうなるのだろうという不安。 特に建築を設計するものとしては風や雨、地震等に対する性能はどんどん高まる一方で気候変動という原因に対する視点が抜けてい […]

2019年10月19日

「世界基準の窓を考える」勉強会 

こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 建築を通して円満を伝える 合氣道建築家 中西義照(てる)です^^     先日、パッシブハウスジャパンの勉強会において、ドイツで高性能な窓を作り出すフランツさんのお話。   家の性能を決める重要なファクター 「窓」 です。 窓は枠とガラスで出来ていて 枠部分の素材が断熱性能に与える影響は大きいという事を再確認。   内容はちょっと置いておいて 笑笑   印象に残った言葉がありました!   「考えなければアイデアなんて出ない!!」   不可能と言われたドレーキップ窓の Uw=0 […]

more