いつか合気道の道場を設計したい建築家のブログ

category

素材とディテール

2021年08月16日

フレキシブルボード 外壁

数年前に サイディングの素地のような壁材発売され、よく見かけるようになりました。 素材の持つ本来の性質に着目し、経年変化や不均一さに美しさを見出しそこに価値を感じる侘び寂び文化に近いものを感じます。  発売当初、大手メーカーがこういう価値の伝え方をするのは驚きでした^^ インスタグラムで素材の魅力について事例を挙げているので参考にしていただきつつ、今回は設計段階から試行錯誤した事例を紹介します。 2013年頃にフレキシブルボードを外壁に使うということであれこれ検討していた時の話です。 フレキシブルボードは工場でプレス加工で作られるため、寸法がきっちりしていて、不燃材、耐水性、耐衝撃性に優れてい […]

2020年08月30日

防露性能を考える 断熱化が結露を防ぐわけではない

「断熱化が結露を防ぐわけではない」というサブタイトルが気になって 住宅医のスキルアップ講座(オンライン)に参加しました。   住宅医とは?   ボクも10年ほど前のスクール卒業生で住宅医ですので 10年前ほど前から壁、屋根、床の仕様部材、構成材料による結露計算を行い安全性を確かめて設計してきました。   ですが、ここ最近の温暖化、湿度の高い日が長く続く、冷暖房期の間欠運転から常時運転へ等々 気候変動や住まい方も徐々に変わってきているので最新の情報へとアップデートです。     自分の設計と照らし合わす形で備忘録として残します。   【 […]

2020年08月16日

自然で気持ちの良いものだけを使いたい

お盆休みですが片付けをしています^^   納屋にある不要な家具を処分する為に解体していると気分が悪くなってきました。 解体した材料から出てくるイヤーな臭いが原因です。   家具はフラッシュと呼ばれる骨組みと面材を組み合わせた方式で作られています。 骨組みもMDF(中密度繊維板)という木材を細かく砕いて合成樹脂で固められた材料で作られています。 バラバラにすると モアっと何かが放散されるのを感じます。   そのモアっ でしんどくなってくるのです。   昭和40年代の家具なのでシックハウスの規制などない時代。 使われている接着剤や合成樹脂のせいか息苦しく、肌 […]

2020年05月04日

木製建具(フラッシュ戸) 仕上げ材料 価格の違い 

建築で使う素材。   建築業界では知られていても一般の方にはなじみのないものが多くあります。 今やグーグル先生やハッシュタグ検索などで調べれば出てきます。   検索語句さえわかればだれでも情報を得ることが出来る時代。 もはや専門性の垣根がなくなった感じ。 商品名を知っているから早くたどり着くというだけの価値しか感じません。^^   こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 合気道建築家 中西義照(てる)です^^     どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね。 ↓↓↓↓↓ 「建築を通して円満を伝える合気道建築 […]

2020年02月13日

建築探訪@20200212

今回の研修地、東京。 自由に動ける時間は6時間ほど。 行こうと決めていたのは東京都美術館「ハマスホイ展」2020年1月21日(火)~3月26日(木) 7、8年前の国立西洋美術館でフェルメールのついでに見た「ハンマースホイ展」(表記が変わったのが気になりますがハマスホイが実際の発音に近いらしい)存在を知り、すっかり好きになった画家。 光と影の扱い グレーイッシュな色彩から想起するイメージが子供のころの心象風景と重なり親近感を抱きました。 ですが・・・ 昨今のコロナウイルス騒動であまり人ごみに行きたくないということで 早朝建築探訪してきました。 明治神宮のゲートが閉まっていたので 夜明け前の表参道 […]

2019年12月23日

セルロースファイバー 採用にあたって

先日、事務所のこれからの在り方についての二人でMTG! 目標についてのお題をブレストしたわけですがどうもボクは言葉にならない^^; 大事なことが色々ありすぎてまとまらないせいか言葉にならないのか・・・   こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 合気道建築家 中西義照(てる)です^^     どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね。 ↓↓↓↓↓ 「建築を通して円満を伝える合気道建築家」中西義照(〇てる〇)プロフィール   断熱問題も悩ましいと感じられる方も多いのでは!!   グラスウール、ロックウール、羊毛 […]

2019年10月19日

「世界基準の窓を考える」勉強会 

こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 建築を通して円満を伝える 合氣道建築家 中西義照(てる)です^^     先日、パッシブハウスジャパンの勉強会において、ドイツで高性能な窓を作り出すフランツさんのお話。   家の性能を決める重要なファクター 「窓」 です。 窓は枠とガラスで出来ていて 枠部分の素材が断熱性能に与える影響は大きいという事を再確認。   内容はちょっと置いておいて 笑笑   印象に残った言葉がありました!   「考えなければアイデアなんて出ない!!」   不可能と言われたドレーキップ窓の Uw=0 […]

2019年09月21日

木部の塗装 

こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 建築を通して円満を伝える 合気道建築家 中西義照(てる)です^^   先日、プラネットカラーの営業の方が来られました。 いつも使う木部の塗装は自然由来の成分のもの! と 決めています^^   今回、実際サンプル塗装をしていただくことで非常に納得できたのでご紹介します。   今回の塗装材は木部に塗る材料。 外部用と内部用が有りますがプラネットカラーウッドコートはどちらにでも使えるといいます。 成分については鉱物、主に石を原料とした色粉を自然由来の油、WAXで調合したもの。 製造元はドイツですがドイツと日本では使用する […]

2019年04月16日

準防火地域の窓(防火設備) 木製建具に出来るのか?

桜の舞う景色が美しいなーと思い、隣のおばさんに話しかけると花びら掃除に忙しそうです。 其々感じ方が違いますね~   こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室 合気道建築家 中西義照(てる)です^^   ガラスに網の入った窓っみた事ありますか? 準防火地域、防火地域で延焼の恐れのある窓を防火設備にしなさいと決められています。 普通なら防火シャッターか防火設備の仕様だと認定されたメーカーの既製品を使うのが一般的な方法。 でもここだけはデザインをすっきりさせたい! 木製建具を使いたい!時って結構あるんですよね。   それに防火設備の認定品は通常のサッシより非常に高 […]

2018年12月26日

金属用ネジで木を留める裏ワザ

先日、作った自家製自転車ラック 自分では気に入っているのですがレアでニッチな道具なので今のところ引き合いはないものの 「売ってもいいよ!」 とおっしゃる奇特な自転車屋さんも現れました。^^ 製作時に予備を作っているのでお譲りは可能な状態です。   こんにちは、京都の設計事務所FORMA建築研究室 住まいの道具のデザインも考える 「建築を通して環境と人の円満な関係を大切にする 合気道建築家」 中西義照(〇てる〇)です。   今回は「ネジ」の小話(裏ワザ)   ネジと言っても色々あります。 留める部材や形状によってさまざまな「ネジ」があります。 特性によってそれぞれに […]