住宅アーキテクト

中西義照のブログ

妄想ハウス07 [外のような浴室] 

こんにちは、京都の設計事務所FORMA建築研究室

「建築を通して円満を伝える 合気道建築家」 中西義照(〇てる〇)です。

 

ネタは溜まっていても気が乗らないと出来ないのが困ったところ^^;

 

秋晴れの朝、清々しいな^ ^

過ごしやすい気持ちの良い朝に風呂入りたいなぁという事で

「外にあるようにもなる風呂」 の妄想。

 

 

 

廻りは森の様な庭という設定。開放的になりたいけど視線は気になりますから。

外との一体感の為の妄想

 

その1

浴室床の高さと地面の仕上げの高さを合わせます。

バスタブも埋込方式

高さが違うと出入りもし難いし視覚的にもバリアになりますよね^ ^

 

その2

浴室の床素材と外部の素材を同じ仕上げにして外とのつながりを持たせます。素材は大谷石の馬踏み目地で遠近に対する奥行き感を感じるように。

 

その3

天井は軒庇と連続させて露天風呂の上屋のイメージ。

 

その4

窓は床から天井までのガラス建具で袖壁に引込めて開け放つと外との一体感が得られます。

 

コーナーを検討する際は視界の開ける方又は見せたい景色がある方向に設けると良いですね。

 

その5

座れるベンチを作り景色を眺めながら足湯を楽しむ。

 

その6

脱衣スペースも同じテイストで作ります。

浴室の戸はもちろん枠のないフレームレスの強化ガラス扉にすることで

脱衣からも眺めが同様に楽しめる。

 

こんな浴室はいかがでしょうか?^^

 

今回もここまでお付き合いいただきありがとうございます。

ツイッター フォローお願いします →@forma_nkns

インスタグラムもフォローしてね→formankns