住宅アーキテクト

中西義照のブログ

びおソーラーは改修にも設置出来ます。

冬場の太陽の暖かさを室内に取り入れて、自然室温で気持ちの良い環境を少しでも長く過ごす事が出来ないか。

冬に寒いのは当たり前ですが、陽だまりの中にいると心地よいものですね。

家の中にそのような場が出来たなら居心地も高まります。

 

 

こんにちは、京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、中西義照です。

建築が好きで、日々暮らす中で常に心地の良い居場所を探究しています。

 

現在、改修中の既存住宅が二件動いています。

改修にあたって、住まい方から家の保守や将来のあり方を考えた時に空気集熱を暖房補助として取り入れる事が最適と思い提案させてもらったところ、共感していただいて採用という事になりました。

暖房器具のような温かさは期待できないかもしれませんが、住宅内の室温の差を無くすには期待できるかもしれません。

空気集熱というと、屋根と設備の複合構造という事で新築にしか使えないのではというイメージがありますが、「びおソーラー」なら南向きの屋根と設置スペースがあれば改修建築でも取り入れる事が可能です。

冬が来るまでに工事が完成すると稼働する事になります、蓄熱するには少々時間がかかりますが室温に関しては効果が確かめられます。

日々確かめていきたいと思います、非常に楽しみです。

 

びおソーラーは手の物語有限会社の製品です。

 

京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、中西義照のブログ「日々雑感」を読んでいただきありがとうございました!