住宅アーキテクト

中西義照のブログ

音楽室は新築でなくても作れるの?

こんにちは京都の設計事務所FORMA建築研究室

合気道建築家 中西義照(てる)です^^

どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね。

↓↓↓↓↓

建築を通して円満を伝える合気道建築家」中西義照(〇てる〇)プロフィール

 

 

音楽室のある家は欲しいけど 事例は新築。 リフォームで音楽室は作ることが出来るのか? という疑問にお答えします。

 

答えは

 

可能です!^ ^

 

今住んでいる家の使われていない部屋やその一部を音楽室にする事が出来ます。

 

イメージとしては入れ子(Box  in Box)の様な構成です。

 

単純に部屋の内側に部屋を作る。 防音メーカー等もよくやる方法です。

 

防音に特化するならそれも良し。

 

FORMAの考える音楽室は防音性能と楽器を演奏する心地よい環境を両立させる事。

 

防音の基本性能は高いレベルを保ちながら、気持ち良く演奏出来る環境も大切だと考えています。

(カラオケBOXの様なところで演奏してもつまらない)

 

その為には環境も整えたい。

 

一つの例としては外部や他の空間と繋がった音楽室

家に居ながらにして外の風景を眺め季節感を感じながら演奏するイメージ。

表現も豊かになりそうです。

 

建築設計のプロとしてそんな提案を行う事が得意です。

 

提案には作り手の思い、構造、温熱環境、演奏環境、コスト等の与条件を案件ごとにしっかり考えます。

 

そして音楽室が自宅にあるという事はちょっとした合間に時間を気にせず演奏が出来る事。

その用途だけでなく多用途にも使えるようになるとさらに良い。

 

音楽室の機能面だけでなくより豊かな音楽室を提案したいと考えています

 

機能性や効率性という言葉の裏側には人間が本来必要としているものが消えていくこともあります。

環境を考える事で必要としているものをうまく取り入れていけたならより居心地のよい音楽室になるのではと考えます。

居心地が良くなれば、音楽室という単機能の室ではなく多機能なスペースとなり使われなくなっても物置にはなりません。^^

そのような音楽室がある家で暮らすご家族の人生にとって、この部屋があったから! という人生の愉しみの一助になればと妄想しながら発想することがボクの喜びでもあります。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

SNSもぜひご覧ください^^

 

【ツイッター】 →@forma_nkns

お気軽にフォローお願いします ♪

 

【インスタグラム】→formankns

HP事例 には掲載していない写真もアップしています。

是非フォローお願いします ♪

 

【ピンタレスト】→https://www.pinterest.jp/nknskn/

部屋ごとに分けてピンしているのでイメージの参考に使ってくださいね^^

 

そして、相談したいと思われた方、話してみたいと思われた方は

【お問い合わせの方はこちらからどうぞ】

FB、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストに直接メッセージでもOKです

お待ちしております。