住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

亀岡市 耐震診断調査 図面があると調査時間はグンと短くなります!

住宅の耐震診断の調査に行ってきました。予定よりグンと早く調査ができました!というのも、寸法のはいった正確な図面があったので、調査時間が大幅に短縮されたからなのです。

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

 

【図面の準備】

 

耐震診断の調査依頼をされる方は、家の図面があればご準備ください。図面がある場合でも寸法の確認はしますが、作業時間がグンと短縮されます。図面がない場合は、家の形状、各室の寸法をはかります。

 

 

【耐震診断 当日の準備】

 

耐震診断の調査は基本的に目視での調査になるので、お住まいの方に特に準備していただくことはありませんが、できれば当日は以下の2点をお願いいたします。

 

1)天井裏

天井裏が見れるところがあれば(押入れの天井などから見れることが多いです)、天井裏にははいりませんが、状態や写真を撮れるように荷物を移動していただけると助かります。

 

2)床下

床下が見れるところがあれば(台所の床下収納や、畳をあげて見れるところがありませんか)、床下の状態や写真が撮れるように荷物を移動していただけると助かります。

 

3)写真

各室の写真を撮らせていただきますが、特に片付けていただく必要はありません。

 

 

真冬に調査に伺うことも多いので、暖かくしていらっしゃるところをあっちこっち調査させていただいて寒くさせてしまうこともあるのです。(すみません!)

 

暮らしながらのお住まいの調査が多いので、なるべく作業時間が短くなるように、サクサクすすめようと思っています。

 

 

耐震診断の調査の際には、図面の準備、天井裏、床下をみるために荷物の移動、お手数おかけしますが、どうぞご協力よろしくお願いいたします(^^)/

 

 

【亀岡市 木造住宅耐震補助】

 

・耐震診断:耐震診断士を自己負担3000円で派遣

・耐震改修:設計工事費の8割を補助、最高100万円。屋根軽量化など簡易な改修は最高40万円

・耐震シェルター:寝室など一部を堅固にする。設置費の75%を補助、最高30万円

※1981年5月31日以前に着工した物件が対象

 

 

亀岡市からの依頼で、FORMA建築研究室の建築士である中西は耐震診断士として調査に伺っています。(私も調査の助手で伺います)

 

家の耐震について、心配な方、不安な方は、どうぞ気軽にお問い合わせください。

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります(^^)/

 

 

また、亀岡市では、令和8年度末までに住宅の耐震化率を95%まで引き上げることを目標として掲げています。派遣制度の対象となる木造住宅や、耐震改修補助制度については、こちらのページをご覧下さい。

 

木造住宅耐震化促進事業のお知らせ

 

 

 

以前のブログですが、耐震診断や耐震リフォームに興味のある方はぜひ読んでください。

 

 

 

亀岡市 耐震診断を受けたいと思う方へ。補助金申請は必ず改修をする前にしなくてはなりません。

 

 

耐震診断や耐震改修の前に、今すぐできる地震への備え。〈耐震等級や耐震性能には関係のない暮らし方編〉

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール

 

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります(^^)/