住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

耐震ラッチが役立ってました。

大雨の2週間前にあった大阪北部の地震で活躍してくれていた耐震ラッチ。

 

気がついたのは2週間後だったけど、実はとても役立ってくれていたようです。

 

知らない方がいらっしゃったら防災グッズの一つとして参考にしてくださいねー(実は私もよく知らなかったのです)

 

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

 

キッチンにある吊り戸棚。

 

この中にある食器などが、地震の際に扉が開いて落ちて割れると破片がとっても危険です。

 

それを防ぐために、家具の扉などに取り付ける地震対策グッズが耐震ラッチなのです。

 

 

こんなもの。

 

気がついたのが2週間後だったのは、この耐震ラッチが取り付けてあるのが、事務所のキッチンの吊り戸棚だったから。

 

スプレーのりや模型材料が入っていて、時々しか開けません。

 

 

たまたま昨日開けようと思ったら、

エッ

開かないよー

 

 

実は私も耐震ラッチのこと、よく知らなくて、なんであかないんだ!って思ったわけです。

 

 

奥の扉がロックされてる状態です。

 

 

震度4〜5程度の揺れをセンサーが感知するとロックします。

 

前回の地震は事務所のある京都西京区辺りも震度5ほど揺れたので、しっかり作動していたのです。

 

 

おかげで、吊り戸棚に入っている模型や材料は落ちてはこなかったです。

 

 

 

そして、ロックの解除は、自動のものもあるようですが、事務所のものは手動でした。

 

観音開きの吊り戸棚の耐震ラッチが取り付けてあるところを、扉の上からグッと強く押すとカチッとロックが外れました。

 

落ちると危険なものは、なるべく高いところに置かない。

 

基本はそうしたいところだけど、どうしても収納場所がないときは、こんな防災グッズを利用すると安心です。

 

 

システムキッチンには標準装備の場合も多そうなので、チェックしてみてください。

 

 

造り付けの高い位置の棚など、落ちて心配なモノを置く場合は、備えておいてもいいですね(^^)/

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール