住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

リフォームをしたいけど一歩を踏み出せない方へ。暑さ寒さについて。

リフォームしたいなぁと思っていましたが、なかなか一歩踏み出せませんでした。でも、そこから「よし!やろう!」という段階が、なるほどこういうことかとすごくリアルに感じられました。

 

こんなメッセージをいただきました。

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

 

【Hさんがリフォームをしたいと思った理由】

 

今回、ご相談いただいたHさんのリフォームのきっかけは「家が寒いのでなんとかしたい」そこからでした。

 

Hさんの住まい。

約10年前に新築で家を建てました。景観の良い地域が気に入って住み始めましたが、最初の数年は気候も安定して住みやすかったのが、夏の猛暑、冬の激しい冷え込みで、だんだんと住みづらく感じるようになってきました。

 

既存の空調設備と暖房をなんとか工夫してやりくりしたり、洋服を何枚も重ね着をしたりで凌いできました。でも、高い光熱費を払って最大限に暖房を活用しても、それでも寒く感じながら暮らすことに疑問を感じ始めました。

 

ただ、窓が大きいのが理由の1つのような気がしましたが、既存の家のスペックでどれくらい窓を小さくすると、どれくらいまで暖かくなるかが分からなくて、なかなかリフォームに踏み切れませんでした。

 

 

 

【現状を数値でみる】

 

これは、Hさんの住まいが、どれだけの断熱や気密の性能なのかを数値で見ています。図面と現状、住まい手のHさんから聞き取り調査をして、設計者の中西が温熱、省エネ計算プログラムのEnergy ZOOを使って計算をしました。予想通り「寒いはず」の結果です。

 

 

 

Hさんからのメール

 

「なるほど、やっぱり寒い家だったのですね。それに輪をかけて僕が寒がりなので、余計に住みにくく感じているのが確認できて、すごく参考になりました。」

 

どうして寒いのか、理由が分かると納得できます。こんなに暖房してもなぜ暖かくならないんだろう・・・。モヤモヤしながら寒い冬を過ごされていたんだろうと思います。

 

 

※キリンさんが不適合と言っているのは、下の表であらわす外皮性能基準から判断しています。

この表の数値を満足すれば断熱気密の性能はOKかといえば、そうではありません。FORMAではこの数値では暑さ寒さへの対応は足りないと考えています。新築の場合はこちらのページをご覧ください。

 

数値で表す性能基準 耐震、断熱、気密

 

 

 

【リフォーム後を数値でみる】

 

今回の工事は、一部増築と、改修にあわせて窓を減らし性能の高いものを使います。その結果、

 

・外皮平均熱貫流率:0.92→0.78(W/m²K)

 

外皮平均熱貫流率とは:住宅の断熱性能を表し、床、外壁、屋根、開口部などから外部へ逃げる熱量(熱損失)を合計し、外皮面積で割って求めます。

外皮とは、外壁・床・天井・屋根・窓・ドアなどで、外皮平均熱貫流率の値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高いことを示します。

 

 

 

難しい言葉が並ぶので、詳しくお知りになりたい方はお問合せください。設計者の中西が説明させていただきます。

Hさんご夫婦には、この数値と中西からの説明をこんなふうに感じてもらったようです。

 

改めてシミュレーション数値のビフォア・アフターを見ていて、やっぱり分かりやすいよな、と奥さんと2人で話していました。

 

他の家のリフォーム事例の数値を見てもあまりピンと来ていなかったのですが、実際に自分がリフォームする立場になると、すごく実体のある身近な数値で、事前にシミュレーションすることのメリットを大きく感じました。

 

 

【どれくらい良くなるかが分かるとリフォームの一歩を踏み出せる】

 

今回は、暑い寒いといった温熱環境のリフォームですが、耐震についても同じようなことが言えます。

 

現状を数値でみる、リフォーム後を数値でみる。比較できて、そこにどれだけの対策をしたらどれだけの効果が得られるか、その対策にはどれだけの費用がかかるか。それが分かります。

 

今より良くなりますと言われても、どれくらい良くなるのか分からなければ、なかなか一歩を踏み出せないことも多いと思います。

 

 

Hさんからのメール

 

リフォームした家の次の段階がクリアになって、予算に合わせて順次すすめていけます。ありがとうございます!

 

 

リフォームに踏み切れない方の参考になればいいなと思います。Hさんのリフォーム計画、設計者中西のブログでも書いています。リフォームしたいなぁ、興味があるなぁという方はぜひ読んでくださいね。

 

薪ストーブを入れる前に 外皮(断熱性能)計算してみる

 

 リフォームの前に作戦会議

 

室温シミュレーションもします。

 

簡単なリフォームなので設計なんて不要、ではありません。分からないことが何でも聞けて、迷わなくてよくなり、解決に費やす時間を短縮できたり、頭の中のモヤモヤをスッキリさせて進めることができます。

 

 

まずは気軽にこちらから、ご相談下さいね。

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります(^^)/

 

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール