住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

場所とサイズとイメージにあわせたお仏壇が完成しました。

自宅にお仏壇がやってきました。中西家のお仏壇(お位牌)が空家に置いたままになっていて、義父の一周忌も春に終えたので、ご先祖様に自宅にきてもらうことになりました。

 

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

 

ひのきのお仏壇。なんてきれいな白木。なんていい香り。ほれぼれします。

 

 

今あるお位牌の数と大きさ、仏像にあわせて、設計者の中西が設計したものを、奈良の岡田善工務店の社長のお父様に作ってもらいました。

 

岡田善工務店さんのホームページ

 

お仏壇をそのまま引き継げない時も、仏像や位牌の数やサイズ、どこに置くかに合わせて設計すると、スッキリシンプルに、好みのものが違和感なくおさまる、その家ならではのものができます。

 

 

お仏壇の設計はこれで2つ目。Tiny houseのSさんちのお仏壇は、場所にあわせてコンパクトでシンプルです。

 

[Tiny House]一人サイズの一軒家

 

 

 

神棚に置くお札立てを作られているのを知って、こんなお仏壇できますか?と、中西の設計した図面でお聞きしたところ、快く作っていただき8月末に我家にやってきました。

 

 

正面は、ナグリ(ちょうなや突きのみなどの大工道具で削り痕をを残す仕上げ)にできないかなぁと思っていた設計者の意図をくみとって、葉をイメージした模様がはいりました。

 

これは、全くのお任せ仕上げですが、仏像とお位牌を置いてみると、なんともいい感じなのです。うれしいなぁ〜。ありがとうございます。

 

 

お線香や数珠、経本をいれる引き出しが4つ。一番奥は仏像と位牌2つ、2段目が祖父母、曽祖父母の位牌、手前に小さなお燐、香炉、花立、蝋燭立を置く予定です。

 

 

閉められるようになっています。こうしてしまうと、おそらく何かわからないんじゃないかなぁ。

 

 

場所はちょうど階段をあがったところ。なので、二階の住人は一階へ下りるときは必ず正面に見えるところです。(仏具はまだそろってないのです)

 

実は、娘は祖父母の家にあったお仏壇も怖かったらしいです。なのでここへお仏壇がやってきたら怖いといっていました。それが、実際にこうして新しいお仏壇に仏像とお位牌にきてもらったら、「見守られてる気がするー」というのです。よかった〜。ホッとしました。

 

あることがたし。

 

 

ここの家を計画するときに(築13年)、自宅にお仏壇がやってくるとは思ってもみませんでした。でも、こうして家は、完成して暮らし始めてから、家族の変化や環境の変化、想いの変化もあって、したい暮らしが変わることもありますね。

 

 

暮らしにあわせて使いやすく、そしてそれが楽しく幸せなカタチになるように、設計者と住まい方アドバイザーが応援します。お役に立てることがあればいつでも気軽にご相談ください(^^)/

 

 

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります^ ^

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

 

中西千恵ってどんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール