new

新着情報

2021年09月02日

サポートしながら、自分らしさを持って、仕事をするための3ルール

私たちがメンバーになっているコワーキングにオンラインのTV番組があります。書道家まりちゃんがパーソナリティの「まりこの部屋」に出演させてもらいました。 テーマは【サポートしながら、自分らしさを持って、仕事をするための3ルールとは?】 京都の建築設計事務所 FORMAフォルマ住まい方アドバイザー 中西千恵です。 前回の、ルール1「環境を整える」からの続きです。 ルール2、得意な方がする 今回のテーマは、サポートしながらということだったんですが、正直なところを言えば、サポートしているという意識はなくて、お互い得意な方が仕事も家のこともしている感覚です。 具体的に私たちの仕事で言えば、 お話しをお聞 […]

2021年09月01日

サポートしながら、自分らしさを持って、仕事をするための3ルール

私たちがメンバーになっているコワーキングにオンラインのTV番組があります。書道家まりちゃんがパーソナリティの「まりこの部屋」に出演させてもらいました。 テーマは【サポートしながら、自分らしさを持って、仕事をするための3ルールとは?】 京都の建築設計事務所 FORMAフォルマ住まい方アドバイザー 中西千恵です。 ルールという意識はないですが、改めて考えるとこんなことを意識しています。 ルール1、環境を整える 自分がいい状態でいることを結構いつも考えています。そうすると、自分のいる居場所を整えることが思い浮かんできて。 家も職場も、自分が日々長くいる居場所がどんな環境になっているか、それをものすご […]

2021年08月28日

リビングにはソファがいる?

自宅のリビングはソファがないんですが面白いなぁと思って見ていることがあります。 京都の建築設計事務所 FORMAフォルマ住まい方アドバイザー 中西千恵です。 始業式が延期された高校生の娘が宿題の追込み中ですが(笑)日々、宿題をする場所をコロコロ変えています。 昨日からは、リビングの真ん中です。階段下から丸テーブルを移動させています。 ここ、いいわ〜なんで?外がよく見えるしー 本を読む覚える書く調べる考える それぞれがやりやすい環境を自分の感覚で見つけて移動している感じにみえます。 限られたスペースの中で居場所を変えられる自由があってよかったなと思いながら見ています。 必ずソファがいる、必ず◯◯ […]

2021年08月26日

アイデアがひらめきやすい環境

2021年夏休みの日 スタカ湖キャンプ場3日目 早朝起床、テントから出たとたん、竿を持って釣りをしたテルさん、 ヒット!釣れる気がしたそうです。 目の前に魚が釣れる水場があるなんて釣り好きには最高のロケーションなんでしょうね。 昨日と同じように早朝湖畔を散歩すると、1日目はテントサイト3組、2日目は7組でした。 今回で5回目のスタカ湖は、毎回お盆休みの前の平日に来ています。日程的に人が少ない時なんでしょうが、いつも静かです。 そして、真夏でも長袖が必要で、内緒にしたいくらい避暑にはおすすめです。遠くてもわざわざここへ来たくなる理由です。 訳あって、予定より3日も早く帰ることに・・・あ〜もうちょ […]

2021年08月24日

宇宙に思いを馳せる気持ちになりました

2021年夏休みの日記 スタカ湖キャンプ2日目 キャンプに来たら必ず早起きします。山、空、木々、そして湖、そして鳥の声、少しずつ空が明るくなっていく気持ちよさはなんとも言えません。 湖畔散歩のあとは、他のキャンパーの方と話す楽しみがありました。 タープで1人キャンプをされていた男性と炊事場で立ち話しです。テントなし、タープだけにしてから荷物が減ってキャンプにいく回数が増えたらしいです。 地元の方で、お休みがあるとフラッと1人キャンプされるそうですが、ここ(スタカ湖)みたいに、山の上のキャンプ場は長野県でもあまりないそうです。 こちらも1人キャンプのバイクのおじさまは、30日間のバイク旅の3日目 […]

2021年08月23日

ワーケーションしてみました!

2021年夏休みの日記 1日目 ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語。観光地やリゾート地でテレワークを活用し、働きながら休暇をとる過ごし方。(Wikipedia) 今年の夏休みはワーケーションをしてみました。 娘が2週間留守の間に、夫婦二人暮らしを広げていつもと違う環境で仕事ができるならやってみようと思ったわけです。 どこで?好きなキャンプをしながら仕事をしてみよう! というわけで、長野県野沢温泉村の山の上、巣鷹(スタカ)湖キャンプ場へ向かいました。 まずは、キャンプをしながら仕事をするために「Wi-Fiレンタルどっとこむ」さんでレンタルしたWi-Fiを長野県飯山 […]

2021年08月22日

キッチンの片付けは何からはじめますか?

先日、台所のリフォーム設計中のお客さま宅へ行ってきました。 目的は台所に今ある物を、要る物、要らない物に分けていただくことだったんですが、片付けでスイッチが入って、終わった後、コンロの掃除までされたそうです。 よかったです!! 京都の建築設計事務所 FORMAフォルマ住まい方アドバイザー 中西千恵です 台所をリフォームされる場合、工事前に今あるものを仮置きして、完成すれば新しい台所にものを収めていきますね。 ということは、まずは、今あるものを使うものだけにすることで 1、仮置きするのが楽チン 2、何があるかが明確になる 3、どんな収納がどれくらい必要かが見えてくる 4、新しい台所のどこに何を収 […]

2021年08月20日

今年の夏に家ができていてよかったです

雨上がり、京都市西京区で完成後8ヶ月のKさんちの撮影をさせていただきました。 スタイリッシュな長身のご夫婦とお子さん2人の4人家族です。 シンプルに好きなものだけに囲まれた家の中は、とても気持ちよく整えられていました。 京都の住宅設計事務所 FORMAフォルマ住まい方アドバイザー 中西千恵です この日は、ご主人に撮影に立ち会っていただきました。夏休みどう過ごされてたのかなぁとお聞きしてみると、、、 Kさんちは、道を挟んでお隣が公園という立地です。保育園に通う2人の子供たちには、大きな遊び場が家の隣! チャコールグレーの外観に彩を添えてくれている向日葵、庭の野菜のトマトやきゅうりは、できる人がお […]

2021年08月17日

自分といる居場所

私にとっての家は「自分といる居場所」だなぁと日々感じています。 自分といる居場所 心身ともにすこやかに 雲の流れ 木々のざわめき 繰り返される月の満ち欠け 新緑から紅葉へ 自然とつながる居心地のなかに 生きている実感 より正直に より自分らしく よりたくましく より仲良く より楽しく 大切な人と生きる 自分といる居場所 楽しみのある暮らしは楽しみのある人生につながる うつろい家デザイン FORMA住まい方アドバイザー 中西千恵

2021年08月16日

フレキシブルボード 外壁

数年前に サイディングの素地のような壁材発売され、よく見かけるようになりました。 素材の持つ本来の性質に着目し、経年変化や不均一さに美しさを見出しそこに価値を感じる侘び寂び文化に近いものを感じます。  発売当初、大手メーカーがこういう価値の伝え方をするのは驚きでした^^ インスタグラムで素材の魅力について事例を挙げているので参考にしていただきつつ、今回は設計段階から試行錯誤した事例を紹介します。 2013年頃にフレキシブルボードを外壁に使うということであれこれ検討していた時の話です。 フレキシブルボードは工場でプレス加工で作られるため、寸法がきっちりしていて、不燃材、耐水性、耐衝撃性に優れてい […]

2021年08月14日

施主は孤独 4

机に広げた図面を元に意見を出します。 既に工事会社は決められているので波風立たないように 基本裏方の役割。 フリーにアイデアを出すと収集がつかなくなるのでルールを設定。 ・当初の型を踏襲しつつ具体化する。 ・外格は変えない、面積も増やすのはNG 少なくするのはOK ・1F、2Fのゾーニングは変えない。 今の段階ではこのくらい。 早速、井元さんご夫妻とオンラインでヒアリングを行いました。 その際に出てきた言葉のかけらの意味を考えつつ “余白“を今と未来の可能性をつなげるものとして捉え、軸にしました。 広い敷地と建築、建築の中のスペースに余白を設け、世代の異なる家族(個人)の関係性と居住に内包され […]

2021年08月13日

homify Nederland(オランダ)に取り上げられました

Tiny House が小さな家のアイデアの展開という事で取り上げられました。 事例には世界中の小さな家の実例が掲載されています。 小さな家のアイデアは地球規模でとらえるととても大きなアイデアとなるような気がします。 Tiny Houseの記事はオランダ語なので翻訳を使ってみると 都市の中の小さなジャングルと題されています。 小さいスペースだからこそ暮らしの中で植物は重要だというようなことが書かれています。 建築を設計するうえで必ず植栽と建築を同時に考えるところが伝わったようでうれしいです。 お施主さんも植物好きな方だったので実現した小さなジャングルです。