住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

吹抜けの掃除 2月4日立春から気持ちよくスタート

先々週の末から、何年ぶりかわからないぶりに風邪をひきました。私は風邪をひかないんだと思い込んでいたんですが、フツーの人のようでした(笑)

 

そんな1月末、もうすぐ節分ですね。二十四節気では立春からスタートするので、1月末の今の時期は旧暦では年末ということ。年末やったら大掃除、ということで、やっとやっと吹抜けの掃除をしました(^^)/

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

 

「吹抜けの掃除ってどうやってするんですか?」

そんな質問も時々あるんですが、『高所用掃除道具』で検索したらいろいろあります。我家は、まずは伸縮するホコリ取り用のブラシで、すだれロールスクリーンの埃をとります。

 

 

ホコリ用ブラシは静電気でホコリを吸着はするものの、やっぱりホコリが落ちたり、舞い上がったりするのが気になる。なので、キッチンや家具、ワークスペースはマスカーでカバーします。(本棚もカバーしとけばよかったね)

 

 

マスカーというのは、ペンキ塗りするとき養生するのに使ったりする、マスキングテープと薄いシートが一体になったもの。

 

いろんなタイプがありますが、マスカーでカバーしておくと、後の掃除がかなり楽チンです。手間もかからないので、大掃除やホコリが気になる掃除のときはオススメ!

 

 

その後、ホコリが落ち切った頃に、クイックルワイパー、掃除機を使って床掃除。最後に、伸縮するガラスワイパーで窓掃除をしました。スッキリー

 

 

外からの場合は高窓掃除も簡単で、スポンジのような水を含ませた不織布で汚れを落として、水切りのゴムで水滴を落とします。でも、これを室内ですると、サッシ枠に水垂れができるのです。室内からの高窓の掃除の道具は、ちょっと試してみようと思う物もあるのでまた報告しますね。

 

 

気になってたことができてスッキリ!

掃除した満足感!

きれいになって気持ちいい!

窓から見える空がいつもよりクッキリな気がするー!

 

 

家が完成し暮らし始めてからも、居心地がどんどん良くなるように。楽しくなるように。日常が暮らしやすく楽しめる家を、設計者と住まい方アドバイザーが一緒に考えます。

 

仲良く楽しく暮らしたい家族を応援していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります(^^)/

 

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

プロフィールはこちらをどうぞ♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵

 

 

 

いつも日常の中で気がついたことや、住まい方のヒントをFacebookで発信しています。

フォロー

していただけるととてもうれしいです。よろしくお願いします(^^)/

 

【中西千恵のFacebook】