住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

住宅メーカーをまわって何がいいか分からなくなりました。というよくある質問です。

住宅メーカー(展示場)に行ったり、いろいろ調べたりしていたら、何がいいか分からなくなってきたんです。

そんなことをご相談にいらっしゃるお客さまからお聞きすることがよくあります。

 

ハイ、そうだと思います。正解を探そうと思うと、みんなにとっての正解というのはないので迷いますよね。

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

調べたら家づくりの情報は山ほどあるし、例えば一つのことでも、良いという情報と悪いという情報があるし、どれを信じていいのか分からなくなりますよね。

 

家って大きな(一番大きな)費用をかけて購入したり建てたりするので、絶対失敗したくないし、正解は何だろうと探そうと思います。

 

でも、みんなにとっての正解はないと思ってます。

 

 

住宅メーカーさんは、構造や機能、性能といったハード面で、自社のいい商品をアピールされるでしょうし、どれも聞けばいいと感じられるかなと思います。

 

「安心安全に暮らす」という、家の役割として大事なことをしっかり作るのは、家づくりをするものとしては当たり前のことだと思います。

 

なので、それぞれ違いはあっても、それぞれいいところがあって、どれが良くてどれが悪いということは言えないと思うのです。

 

 

 

私たちがいつも考えるのは、家に暮らしをあわせるではなく、住む人や暮らしにあわせた家をつくるということです。

 

それぞれ、家族構成、仕事や暮らしの時間、家事の方法、持っているもの、性格、好み、そして考え方ももちろん違います。

 

一般的といったことや、常識と言われることでも、人それぞれ感覚が違うことも多いです。

 

 

要望をいれこんだ間取りができるだけではしっくり、家族に馴染んだ家にはならないと思っています。要望は、家族が自分で自覚していることだけから出てくることだから。

 

この方たちが望んでいることは何なんだろう?

この方たちがストレスを感じていることは何だろう?

 

理解して、共有して、想像して、プランをしていく。

そこにオーダーメイドの良さがあって、身体に馴染んで、居心地がいい時間をすごせる家につながるんじゃないかなぁ、と思います。

 

 

みんなにとっての正解はなくても、「〇〇さんのいい家」と考えると答えがみつかる。そして、「〇〇さんにとってのいい家」を考えるところに、私たちがかかわる意味があると思っています。

 

 

家族や夫婦はもちろん、家づくりを一緒にする人と、コミュニケーションをとっていろんなことを共有する。いい家づくりにはそれが欠かせない、そう思います。

 

 

家づくりは誰に相談する、誰と一緒にすすめるかということがとても大事です。

この人と一緒に家を考えて創っていこう、まず、そう思う人を見つけるのがおススメです。

 

 

私たちに興味を持ってくださった方は、どうぞ気軽にこちらからお問い合わせ下さいね。

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります(^^)/

 

たくさん話しながら楽しく暮らす住まいを考えましょう♪

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール