建築現場日記

category

工事監理

SALT HOUSE リノベーション

-2022.11.22-

@SALTHOUSE リノベーション  構造打合せ

定例内合わせ。

解体時の確認から、実際の工事にあたり耐力壁についての変更点があります。

下地をする際に土壁を少し落とした部分から筋かいが現れました。

再度耐震計算でバランスなどを再確認し更に耐震的に有利に働くように改善します。

改善内容は後日、お施主さんに報告する予定。

床下地合板工事完了

細かく仕切られた壁が取り払われて大きな一室空間が現れています。

下屋部分も下地が終わりルーフィングが張られています。

後はサッシの取り付けが終わると内装工事が本格化する予定。

抜け感が良いです。

こちらの工事監督も直さんです。

大工さんも地元の大工さん二人 新旧の良いコンビです。

化粧庇の野地板の納まりの相談をしていると

「広小舞、のぼりよど、松の葉の意味は・・」 等々

年配の大工さんとこんな話が出来るのが久しぶりでとてもうれしいのです。

最近の工事ではあまり使わなくなった部材なので リノベーションの際に残っているこういうところは大切にしていきたいと思います。

兄の家と弟の家

-2022.11.22-

兄の家と弟の家 定例打合せ

本日は中間検査。

配置寸法、耐力壁の位置、施工方法、緊結金物を全数チェックする検査です。

検査員さんは二人一組

一人は金物を確認し耐力数値を呼称で読み上げます。

もう一人は図面記載の通りかを確認。

手慣れた感じで検査は進み、兄の家、弟の家 ともに合格!

兄の家の屋根工事が完了していました。

長く伸びやかな屋根です^^

吹抜の使い方が特徴的な弟の家。

まだ全貌は現れていません。

窓の高さ、浴室配管、天井高、様々なチェックをしつつ窓の取り付け位置を再確認していきます。

こちらの屋根はルーフィング工事終了。

今週は中間検査の日と定例を兼ねて行いました。

今回は現場打合せ中に 偶然にも施主さんからお電話がありました!

タイミングよいですね^^

引き続き工事は進みます!!

兄の家と弟の家

-2022.11.18-

@兄の家 弟の家 定例打合せ

上棟から屋根、外壁の下地が進んでいます。

同時に構造金物の設置も。

来週の月曜日は 中間検査となります。

建築確認申請に添付された図面に基づいて、耐力壁、金物を検査員が見に来ます。

工務店、監理者とでクロスチェックしたうえでの検査。

本日の定例は電気屋さんと顔合わせ。

なにか会った氣がしたと思ったら、二年ほど前に設計した家の電気工事を担当してくれた方でした。

改めてよろしくお願いいたします。

設計をしているとこんな事ってたまにあってニコッとなります。

現場には樹脂製の開口部材も搬入されていました。

順次取付が進んでいくことになります。

兄の家は軒の深さが特徴的

雨の時、窓を開けていても屋根が守ってくれます。

良い感じです。

弟の家の吹抜空間、包まれている感と抜け感が良いです。

分譲地の一画なのですが、周囲の土地も売れたようで工事が始まってきています。

兄の家と弟の家

-2022.11.10-

@兄の家と弟の家 定例 木工事

上棟式は良い天気の中、無事執り行われました。

定例会議は水曜日。

本日は共通事項も多いので監督の直さんとイケメン大工さん二人で行いました。

建て方から二度目の顔合わせですが二人とも話しやすい方で安心です。

野地板施工完了。

垂木も良い感じです。

東道路からのボリューム。

間延びしない高さ設定にしています。

西側からのボリューム

勾配は6寸

良い感じです。

SALT HOUSE リノベーション

-2022.11.9-

@SALTHOUSE リノベーション 

型枠が外れていよいよ木工事が本格的に始まります。

新設基礎も良い感じで打ちあがっています。

資材も搬入されて1階の木工事も始まります。

これからの定例会議は基本、月曜日となりました

来週はお施主さんが見学に来られます。

よろしくお願いします!

SALT HOUSE リノベーション

-2022.11.5-

@SALTHOUSE リノベーション 基礎/大工工事

基礎の状況確認から、基礎の位置を再検討し工事が進んでいます。

配筋工事が終わり型枠が設置されました。

柱、土台の不朽箇所は取り除き健全化、新たな基礎がささえてくれます。

基礎工事期間中、2階と屋根工事は進められることから、先行して屋根工事を行っています。

大屋根は完了、下屋根は新設との接続があるので新設部の出来上がりを待って再開する予定です。

大工さんから2階床のレベル(高低差)を聞いています。

三間満たない距離で20㎜の高低差があります。

過去の災害、経年劣化・・・様々な理由が考えられますが

下階の状況から推察しても当てはまる事象がありません。

水平に直す事が求められていますがこの家の場合は既存を利用する部分も多くあるのですべて直すとなると逆につじつまが合わなくなるところが出てくるという問題があります。

畳から床板貼に変更するところは下地調整をする。

直に貼る廊下は調整可能な範囲で行い、各部屋と廊下は見切りを入れて調整することとなりました。

下地調整する場合にも既存の下地材を緊結しなおし固定度を高めて新たな下地を設置してもらっています。

壁も同様に新壁部分にふくらみのある個所があることがわかりました。

この部分も壁下地によって不陸を調整していくことになります。

建具を既存利用するために接点部分の納まりをつじつまが合うように検討することとなりました。

こうしてどんどん工事の範囲が増えていくことが多いのです。

しかし、状況確認をしていかにきれいに、納まりよく検討し選択していきます。

一部剥がされた壁の内に筋交いが入っていることが確認できました。

の柱脚、柱頭に引き抜きが起こるので金物設置を要件等です。

以前は部屋と廊下だったこの空間の垂れ壁を撤去しひとつながりのパブリックスペースにします。

2階の居心地のよい場所になりそうです。

次週は2階の梁補強、 金物補強の工事打合せを行います。

兄の家と弟の家

-2022.11.4-

@兄の家と弟の家 建て方工事(上棟)

11月3日

秋晴れのお天気。

日中は少し熱いくらいです。

順調に進み、3時過ぎにはここまで。

弟さん家族も見学に来られて、遠方のお兄さん家族とフェイスタイムで感動を共有しました。

明日の上棟に合わせて材料を間配りしています

11月4日

この日も好天が続きます。

ご家族の差し入れ。

心づかいがありがたいです。

安全に工事は進みました。

日を変えて明日 は工事終了後に 上棟式を行います。

内部に入ってみていただくのが楽しみです!

兄の家と弟の家

-2022.11.2-

兄の家と弟の家 土台敷

本日は快晴。

基礎も乾き 土台設置がほぼ終了。

仕様通りです。

明日の建て方の 材料も搬入されています。

2棟続けて建て方は30年以上の設計人生でも初めての経験です。

非常に楽しみです。

断熱材 仕様どうりです。

弟の家

兄の家

明日も良い天気です!

兄の家と弟の家

-2022.10.29-

@兄の家と弟の家 設備配管

設備配管の様子です。

この後はいよいよ建て方が始まります。

来週は天気が良いようです!

工事の皆さんご安全に!