建築現場日記
×

兄の家と弟の家

-2022.11.22-

兄の家と弟の家 定例打合せ

本日は中間検査。

配置寸法、耐力壁の位置、施工方法、緊結金物を全数チェックする検査です。

検査員さんは二人一組

一人は金物を確認し耐力数値を呼称で読み上げます。

もう一人は図面記載の通りかを確認。

手慣れた感じで検査は進み、兄の家、弟の家 ともに合格!

兄の家の屋根工事が完了していました。

長く伸びやかな屋根です^^

吹抜の使い方が特徴的な弟の家。

まだ全貌は現れていません。

窓の高さ、浴室配管、天井高、様々なチェックをしつつ窓の取り付け位置を再確認していきます。

こちらの屋根はルーフィング工事終了。

今週は中間検査の日と定例を兼ねて行いました。

今回は現場打合せ中に 偶然にも施主さんからお電話がありました!

タイミングよいですね^^

引き続き工事は進みます!!

-2022.11.18-

@兄の家 弟の家 定例打合せ

上棟から屋根、外壁の下地が進んでいます。

同時に構造金物の設置も。

来週の月曜日は 中間検査となります。

建築確認申請に添付された図面に基づいて、耐力壁、金物を検査員が見に来ます。

工務店、監理者とでクロスチェックしたうえでの検査。

本日の定例は電気屋さんと顔合わせ。

なにか会った氣がしたと思ったら、二年ほど前に設計した家の電気工事を担当してくれた方でした。

改めてよろしくお願いいたします。

設計をしているとこんな事ってたまにあってニコッとなります。

現場には樹脂製の開口部材も搬入されていました。

順次取付が進んでいくことになります。

兄の家は軒の深さが特徴的

雨の時、窓を開けていても屋根が守ってくれます。

良い感じです。

弟の家の吹抜空間、包まれている感と抜け感が良いです。

分譲地の一画なのですが、周囲の土地も売れたようで工事が始まってきています。

-2022.11.10-

@兄の家と弟の家 定例 木工事

上棟式は良い天気の中、無事執り行われました。

定例会議は水曜日。

本日は共通事項も多いので監督の直さんとイケメン大工さん二人で行いました。

建て方から二度目の顔合わせですが二人とも話しやすい方で安心です。

野地板施工完了。

垂木も良い感じです。

東道路からのボリューム。

間延びしない高さ設定にしています。

西側からのボリューム

勾配は6寸

良い感じです。

-2022.11.4-

@兄の家と弟の家 建て方工事(上棟)

11月3日

秋晴れのお天気。

日中は少し熱いくらいです。

順調に進み、3時過ぎにはここまで。

弟さん家族も見学に来られて、遠方のお兄さん家族とフェイスタイムで感動を共有しました。

明日の上棟に合わせて材料を間配りしています

11月4日

この日も好天が続きます。

ご家族の差し入れ。

心づかいがありがたいです。

安全に工事は進みました。

日を変えて明日 は工事終了後に 上棟式を行います。

内部に入ってみていただくのが楽しみです!

-2022.11.2-

兄の家と弟の家 土台敷

本日は快晴。

基礎も乾き 土台設置がほぼ終了。

仕様通りです。

明日の建て方の 材料も搬入されています。

2棟続けて建て方は30年以上の設計人生でも初めての経験です。

非常に楽しみです。

断熱材 仕様どうりです。

弟の家

兄の家

明日も良い天気です!

-2022.10.29-

@兄の家と弟の家 設備配管

設備配管の様子です。

この後はいよいよ建て方が始まります。

来週は天気が良いようです!

工事の皆さんご安全に!

-2022.10.27-

@兄の家・弟の家 基礎工事中の打合せ

天候もよく 基礎工事は順調に進んでいます。

配筋検査時以降に依頼したコンクリート配合計画書を確認しコンクリートの品質を確かめます。

強度、スランプ、骨材の塩化物量、水セメント比等々  問題なくコンクリート打設となりました。

最近はコンクリートの価格の上がってきているとか。

基礎立ち上がり打設

少し雨模様ですが底盤コンクリート養生中。

コンクリート打設完了。

工事と並行して上部構造のプレカット(工場で柱や梁を加工する事)の打合せ。

11月に上棟予定です。

通常ならば上棟時にサッシの確認をすれば事足有るのですが、樹脂サッシの納期が通常のように入ってこないらしく早めに発注する必要があるとの事。

間際に言われると戸惑うので先に先に決めていく必要がありますね

少し肌寒い朝晩ですが 工事の方ご安全にお願いします!!

-2022.10.14-

@兄の家 弟の家 基礎工事

地盤改良工事も終わり引き続き基礎工事に入っています。

防湿シートはターミダンシート。

 地中からくる白蟻に対して薬剤に頼らない防蟻対策になります。

https://premium.ipros.jp/nitto-lmaterials/product/detail/2000562823/

再度ここでも建物の配置確認を工務店に依頼し問題ない事を確認。

その後、捨てコンンクリート(捨てコン)を打って建物の墨だしをします。

配筋が出来たら、工務店の自主検査、設計者検査、瑕疵保険検査と三者で

鉄筋の種別、各部形状、ピッチ、継ぎ手部分の所要長さ、かぶり厚を確認します。

鉄筋 D-16 

鉄筋 D13

継ぎ手の長さもばっちりです。

全ての検査がOK!

以前、ぼくは瑕疵保険会社(JIO)から検査の委託を受けていました。

なので、今までに500件以上の検査を行っています。丁寧な工事は一目見てわかります。

今回もしっかり施工出来ていました。 

今回の瑕疵検査員はその時の技術指導担当の方でした。

久しぶりにお会いして最近の工法、工事の監理で氣をつける事等 情報交換が出来ました^^

このあと型枠工事、コンクリート打設、 養生期間 となります。

監督へ業務連絡 

コンクリートの配合計画書の提出をお願いしますね!