works

FORMAの家デザイン

定年後の家

テイネンゴノイエ #03

京都府城陽市

構造:木造2階建て

敷地面積:167 ㎡

延べ面積:123 ㎡

家族構成:夫婦

竣工:2017年5月

テイネンゴノイエ#03の特徴は、パッシブデザインの考え方をベースとしたソーラーシステムを取り付け、家全体の温度差が少なくなるように計画したことです。具体的には、空気集熱式ソーラーシステム、環境創機の「そよ風2」を使いました。 ※そよ風を使ったTさんの暮らし 冬の使い方としては、日中はそよ風と太陽の直射日光(ダイレクトゲイン)が部屋を暖めてくれます。日が落ちると徐々に室温が下がりますが、蓄熱された床下からの放熱で夜も暖かく、一番気温が下がる朝に2時間ほどエアコンを運転し、快適温度に到達したら翌朝までエアコンなしでOKだそうです。 体感温度は人それぞれ個人差がありますが、壁、天井、床の表面温度も室温に近い温度です。 そして、冬場の暖かさはもちろん、夏場も外気が38℃近くになった時でも室温は30℃以上(エアコン使用無し)にはならないデータがでました。夏も冬も体への負担が少ないのはとてもうれしいことです。 予想以上に満足していると、住まい手のTさんはおっしゃいます。ご主人は定年後から家事を始められたり、お互いを尊重しながら、お二人の暮らしを楽しまれています。「夫婦二人のための家を建てられてよかった」とおっしゃるTさんご夫婦です。 定年後の家と子育て世代の家では、大事に考えることも変わります。永く安心して暮らせることは同じですが、ご夫婦二人の暮らしやすさをより大切に考えています。

テイネンゴノイエ #02

京都府亀岡市

構造:木造2階建て

敷地面積:93.77 ㎡

延べ面積:73.57 ㎡

家族構成:夫婦

竣工:2013年10月

住まい手は、FORMAの自宅近くにお住まいの父母世代からの知り合いのご夫婦お二人。 「自分達より若い世代の人に頼んだ方がいい。」そう思われて、FORMAへ設計の依頼をしていただきました。 ご要望は、 ・年を重ねてもできるだけ永くそこで暮らせる家にしたい。 ・少しでも地球環境にやさしい家がいい。 ・その他のことは中西さんにお任せする。 ということでした。 ゆったりと朝食をとるゆとりや、家を飾る楽しさを感じる、引っ越されたご夫妻からの感想が、これからのご夫婦お二人の新しい暮らしが見えてくるような気がします。

里山で暮らす家N邸リノベーション

京都府亀岡市

構造:木造伝統工法平屋建て

延べ面積:144 ㎡

家族構成:夫婦

竣工:2019年9月

築90年超の茅葺の古民家を住み継がれてきたNさんご家族。 これからもこの家に住みたいが耐震性、冬の寒さ、段差が沢山ある等老後の不安を抱えておられました。 今回は住宅医による詳細調査を行い、事前に建物の状況を把握した上で予算と要望、その他の与件を整理し設計を行いました。 調査の結果、建物の西側に石垣が近接しており湿気が建物(劣化)に影響を与えていることが確認されました。 構造は伝統工法である石場建ての軸組で屋根はさす又組となっています。 更に、2か所の増築の痕跡が確認できました。 増築時の無理が構造体に現れていて 部屋の真ん中に柱がある等 生活に不便さをもたらしていました。 劣化が進む環境を改善し整え、劣化部分を改修した上で 耐震設計、温熱設計、機能性改善の設計、古いものを活かすデザインを心掛けました。 亀岡市の木造住宅耐震改修事業費補助制度も同時に活用しており、京都新聞社の取材を受け耐震改修の事例として記事掲載されています。 改修の方針概要 劣化改修 ・屋根葺替(雨漏れ/傷み) ・樋交換 ・外壁補修 ・構造体 柱、梁の白蟻害 断熱改修 ・屋根裏(小屋裏断熱GWt=210 105+105) ・外壁ふかし壁充填断熱(ゾーンを分けて断熱) ・開口部 断熱補強 樹脂サッシを追加 ・床下断熱設置(ネオマフォームt=90) 耐震改修 ・耐震診断上部構造評点の向上 偏芯を無くす方向で0.7以上を目指す ・基礎の増設 ・耐力壁の追加 ・水平構面の確保(コボットブレース) ・柱、梁の金物補強 ・耐震ダンパー設置 ・さす又の拘束部材追加 機能改修 ・平面計画の変更(家事軽減/機能向上(段差少なく)/美観向上/古いものを活かす/等) ・設備機器の新設(浴室/トイレ/キッチン/洗面/給湯機器/薪ストーブ 等) ・仕上げ材の取替

テイネンゴノイエ #01

京都市伏見区

構造:木造2階建て

敷地面積:126.78 ㎡

延べ面積:98.95 ㎡

家族構成:夫婦

竣工:2013年12月

テイネンゴノイエY邸は60代のご夫婦2人暮らしの住まいです。ご夫婦2人になってからの建替えです。 北は大きな運動場、南側の道路がちょうどT字路にあたり、南北に風も視線も抜けるとても良い場所です。 建替え前は、南の日当りの良い部屋が充分に使われておらず、北にキッチンとダイニングあったことから、冬でも寒い北側で過ごされることが多かったようです。 お二人共に定年まではフルタイムで仕事をされ、定年後はそれぞれの趣味を日々愉しまれています。娘家族が遊びに来ることもあり、新しい住まいは、そんな日々の暮らしや老後のことも考えながらのプランになりました。