works

テイネンゴノイエ #02

京都府亀岡市

memo

来客の為の駐車場をとるよりも庭のある暮らしを楽しみたい。居間からダイニングから和室から楽しめる庭は、道行く人にも楽しんでもらえる。

memo

ゴロンと横になる、ご近所、お友達、親戚家族などたくさんの人が集まって喋ったり食事をしたりすることができる良さがある床座の居間。

memo

個室として独立している4.5帖の和室。老後2階の寝室が使いづらくなったときの寝室を想定し、ディサービスの人が直接外から部屋へ入ることができる

memo

玄関土間から40センチあがる居間。靴を履くときも玄関で世間話という時にも、腰かけるのにちょうどいい高さ。

memo

古民家の箱階段をモチーフにした階段下は蓄熱暖房機器、熱帯魚の水槽、小物収納。小さな住宅の階段下は、収納場所として最大限使う。

memo

杉の床、雪見障子、格子、どこか懐かしい雰囲気がする。

memo

2階の吹抜けから見下ろす。「ご飯ができましたよ」という声もすぐに聞こえるひとつながりの空間。

memo

居間の収納。隠したいものと飾りたいものをバランス良く分けて収納。

memo

トイレ、洗面、脱衣、洗濯が一室。老後の暮らしを見据えた設計にしたが、小さな住宅では、これらを一室にするとスペースが広くとれ動きやすく使いやすい

memo

トイレを仕切りたいときはカーテンを閉める。日々お二人の時はオープンで使われている。

memo

2階はご主人の書斎とベッドを置いたご夫婦の寝室としている。壁面に大きく服収納をとる以外間仕切りは何もなく、フレキシブルに使える。

memo

アプローチから奥の和室へ続く庭は、「庭空間eni」の堀江さん。建築や自然とのつながりを重視した作庭をされます。

memo

庭の水場。趣味の釣り道具を洗ったり、庭の草木に水をやったり、夏場に打水をしたり、庭の水場は重宝する。

memo

物干しスペースのデッキ、濡れ縁、外部テーブル、楽しむ庭、使う庭。

memo

キッチン後ろにレンジ、トースター、炊飯器、ゴミ箱、米収納の為の家具を作ることで、使いやすさとキッチンが緩やかに仕切られる。窓際で庭を見ながら二人用のダイニング。

outline

構造:木造2階建て / 敷地面積:93.77 ㎡ /
延べ面積:73.57 ㎡ / 家族構成:夫婦 / 竣工:2013年10月

explain

住まい手は、FORMAの自宅近くにお住まいの父母世代からの知り合いのご夫婦お二人。
「自分達より若い世代の人に頼んだ方がいい。」そう思われて、FORMAへ設計の依頼をしていただきました。
ご要望は、
・年を重ねてもできるだけ永くそこで暮らせる家にしたい。
・少しでも地球環境にやさしい家がいい。
・その他のことは中西さんにお任せする。
ということでした。
ゆったりと朝食をとるゆとりや、家を飾る楽しさを感じる、引っ越されたご夫妻からの感想が、これからのご夫婦お二人の新しい暮らしが見えてくるような気がします。

一覧に戻る