ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

Y House(仮)

@Y House 撮影日

引渡し後に撮影をさせていただきました。

備品をいくつか持ち込ませていただいての撮影ですいつもはプロにお願いしているのですが今回は設計者自ら。

 

私、高校生の時は写真部、今は大人の部活では撮影部なのです^^

 

今回はそんな一コマを見ていただけたらと思います。

 

 

土間玄関 今でいうシューズクローゼットのような計画。

70年前の民家の時代では当たり前の家族動線。

格子戸で家族の生活と来訪者の境界になっています。

此方の建具も昭和期のガラス戸を再利用して引き込めるように改造しています。

外につながるサッシの框を消してみました。

壁に差す北側の光が美しい。

テーブルで手紙を書く

 

畳の居間 (写真のひずみ未修正^^)

ブラインドBOXを作ってこちらも線を消してみました。

 

廊下からの見え方。ちょっと狙っていた印象的な見え方。

このほかにも沢山取らせていただきました。

内部の木製建具は全て既存からの再利用リユース品です。

こうして新しい家に使う事で昔の記憶に触れる事が出来、受け継ぐことがカタチになりました。

これで建物が完成して終わりではなく暮らしの中で様相がよりよく変わっていくことを願ってやみません。

今回の撮影に際してお施主さまにはご協力いただき感謝しかありません。

本当にありがとうございました。

 

引き続きよろしくお願いいたします。