住宅アーキテクト

中西義照のブログ

古民家リフォーム 手書き図面

いつもブログを読んで頂きありがとうございます^^

今日は仕事の一部をご紹介。(興味ある方のみどうぞ!)

 

スケッチではないのでタイムラプスで撮らずに書いていたら 面白いので撮ったら?というご意見が!

なるほど 「^^

 

こんにちは、京都の設計事務所FORMA建築研究室

発想力は自由に! でもこうと決めると線路から外れたがらない^^; 中西義照(てる)です。

 

 

 

今進めている古民家 リフォーム。

耐震補強方法はあるものを利用しながら補強しなくてはなりません。

制限があるので必然的に現実に即した設計をしないと施工が出来ません。

 

そこでスケール1/10の平面図を書いて仕上げと開口部等の納まりを確認しながら補強方法との摺合せをする作業。

 

BIMCAD(ビルディングインフォメーション )を使い出すとこのあたりの作業もPC上で出来るのですが作業時間と手戻りの追加時間を考えると 下図を共有して構造担当と意匠担当の考え方をまとめる方が好都合!

 

 

設計作業はこんな地味な作業の積み重ね。

 

神は細部に宿るではありませんが 見え方、体感において細部が全体に及ぼす影響は大きいものです。

 

当時に建てた職人さんの考えや思いを受け取り今ならどうする? と自問自答しながら方針を導き出す作業。

そのために過去の建物の造られ方を調べたり 同年代の参考になる建築を見学したりと勉強と体験がないと判断できないと考えます。

こんなところも含めて設計という仕事の面白いところでもあります。(やればやるほど奥深い世界を知ることになります。)

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

京都 亀岡 の設計事務所 FORMA建築研究室 「古民家リフォーム設計が好き!住宅医」 中西義照(てる)でした。^^

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいねー♪

↓↓↓↓↓

建築を通して円満を伝える合気道建築家」中西義照(てる)プロフィール

 

 

SNSもぜひご覧ください^^

 

【ツイッター】 → @forma_nkns

フォローお願いします ♪

 

【インスタグラム】→ formankns

フォローお願いします ♪

 

【ピンタレスト】→ https://www.pinterest.jp/nknskn/

部屋ごとに分けてピンしているのでイメージの参考に使ってくださいね^^

 

そして、相談したいと思われた方、話してみたいと思われた方は

【ご相談はこちらからどうぞ】

FB、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストに直接メッセージでもOKです

お待ちしております。