ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

建築現場日記

@里山暮らしの家 N邸リノベーショーン

優先事項は

既存の蔵解体

西側の1m高い地盤を掘削し母屋から50cmほどの通路を広げる事。

この二つが大きな課題。

 

地盤掘削をすると土留めが必要となる事から先ずは鉄筋コンクリートのT型擁壁を提案。

 

コストを下げる方法の提案を求められたので提案した方法

 

① 蛇籠に割栗石を詰めたもの。鉄筋コンクリート擁壁と工事金額が変わらないとの事。

搬入経路が道に面さないため通路を確保し養生を行った工事になるため、人力による小運搬が必要。

算出結果としてはほぼ同水準となる。

② 生コンクリートの廃棄物をコンクリートに固めたもの。

現在 近隣のコンクリートプラントに在庫がなく、遠方から運ぶとなると運搬費がかさむことになる。

 

③ 擁壁用型枠コンクリートブロック

コンクリートブロックの内部に生コンを打設させて固める方法。これが一番現実的で臨機応変に対応できそう。

 

工務店さんの話を伺うと職人が不足している状況でなかなか思うように事が運ばないという。

 

早め早めに進めておきたいところです。