ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

建築現場日記

@里山で暮らす家 N邸リノベーション 耐力壁工事

耐力壁の下地、免震ダンパー設置の為の準備工事  

梁で補強しようにもホゾを切ることが出来ない場合が多く在ります。

掛けを打ってビス止めでは変形時に接合部のビスが折れて破断するのは明白。

そこで梁受け金物や羽子板ボルト、通しボルトで引く等して接合部の補強も併せて行います。

 

新築ではなんでもないことがリフォームの場合は中々難易度が高く工事の進捗もゆっくりしているように見えます。

 

本日はお施主さまご夫婦に工務店から工期の説明がありました。

 

基礎、土台と柱を一体にし引き抜け止めの金物を入れています。

 

この合板はきれいですね!

下地にするのがもったいないほど。

これを化粧でするときには多くの中からきれいなものを選ぶ作業がありましたがロットによってこのように全てがきれいな時もあるようです。

この日、おなじみの京阪エンジニアリングで薪ストーブを視察に行かれました。

 

機種選定が出来たら補助金の申請に入ります。

亀岡市では薪ストーブに補助金が出るのです。^^

設置費用1/3 かつ20万円まで!!

 

ありがたいことです。

 

お施主さま、月曜日がお休みの事が多いので次週も定例は月曜日の予定です。