ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

alley house

@Alleyhouse 「そよ風」(空気集熱)のある家  煙試験

本日は 「そよ風」 工事検査の日

検査とは 「煙試験」

文字通り煙を炊いて 屋根や接合部から煙が漏れてこないかをチェック。

予定時刻になったので一本目。

開始早々 トラブルがあったものの即対応していただいて無問題。

2か所ほどの漏れを確認しましたが隙間を埋め再試験を再三行い煙が止まったことを確認し煙試験は無事合格です。

 

集熱部分は空気が相当な温度になるため乾燥による木の痩せに対処する納まりと気密の取り方が大切です。

今回もチャンバー設置段階から環境創機の近藤さんに指導に立ち会っていただき井上監督をはじめ大工さん、板金屋さんと共に工事を行いました。

 

下地工事から気を使い空気の流れを読み気密が取れる方法で丁寧に工事を進める事の大切さを実感しました。

 

そして段取り良く間髪入れずに進める事、時間がたつと意識が薄まる。(気を付けていても自然とそうなる)

 

これで、井上監督と小林大工さんは そよ風の施工方法をしっかりマスター!

次からは教える側となってくれることでしょう^^