住宅アーキテクト

中西義照のブログ

@Ohouse 長期優良住宅 技術審査

長期優良住宅技術審査とは長期優良住宅の認定に必要な審査の事です。

 

 

長期優良住宅とは?→ こちらの住宅性能評価・表示協会のHPが分かりやすいです。

 

長期優良住宅に関する特例措置 → 国土交通省 特例措置の概要

長期優良住宅に対する税の特例

 

というようなメリットがあります。

メリットがあるかどうかは借入額などにもよります。

 

なのでお施主さんからFPの伊藤さんに確認してもらって進めています。

 

 

只今、技術審査の真っ最中です。

 

いつも設計している住宅は 耐震性、省エネ性、劣化対策、維持管理更新の容易性は 長期優良住宅 基準としています。

 

今回は省エネ性能について協会の指定する計算ソフトを使用しました。

理由はこちらの使用するソフトだと技術審査員さんの審査に非常に時間がかかると聞いたので・・・

 

しかし自粛期間中の補正対応がメールと電話のやり取りを行うのがなんとも歯がゆい。

わかったようなわからんような曖昧なところが残り、その都度メールで送り電話で確認という作業の結果、やっと補正が終わりました!!

 

 

今回の経験からの気づき。

 

ガラスの熱貫流率、日射熱取得率 のメーカー数値が非常に分かりにくい事。

ここの整理に結構手間取りました。

 

事前に使用する開口部の仕様がどの数値になるのかを確認すること。

いくつもシートがある中で旧基準と新基準と混在している。

間違えると数値に齟齬が出るので間違いがないか最初によくよく確認する必要があります。

 

氣を抜く間もなく確認申請の補正も終了。

あとは消防の同意を待つばかり。