ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

蜻蛉庵(とんぼあん)

  • @蜻蛉庵-とんぼあん-(びおソーラーのある家) 地盤調査

    解体後の地盤調査の結果 自沈層が有り地盤改良が必要となりました。

     

    スェーデン式サウンデイングの能力の限界があり支持層の地盤が貫入不能という事で、更に下層の地盤構成がわからないという事態。(近隣データも無い)

     

    構造設計者とお施主さまと相談の結果、掘削能力のあるボーリング調査を行う事になりました。

     

    下層の地盤が確認出来次第、地盤改良工事に進みます。

     

    こちらはGW前の 構造打ち合わせ後のサッシの打ち合わせ。

    現場監督は小菅工務店の澤田さんです!

  • @蜻蛉庵(びおソーラーのある家) 縄張り 設計GLの設定

    解体が無事終わりました。

    隣家とのCBも高かった部分をカットしました。

    縄張りの基準を確認して寸法を確認。

    ほぼ設計通りであることを確認しましたが基準の境界線が異なっていたため。

    再度配置を行い念のため二か所の配置寸法を報告してもらう事に。

     

    設計GLは南側の既存で残した石や土が若干高いので基礎の範囲内での調整範囲かを検討し外構の段数をい増やす事で折り合いが付きました。

     

    南側の庭木や石は 基礎工事前に 外構担当の eniさんに整理をしていただく予定!

    19日に入られるとの事。

    よろしくお願いいたします。

     

     

  • @蜻蛉庵(びおソーラーのある家)既存 解体中

    解体現場に重機が入って進み具合が加速してきました。

    作業の方々もご近所さんに

     

    「おはようございます!」

     

    と元気よく挨拶されていたのが印象的でした。

    解体は埃や音が出るので迷惑かけている事は間違いありませんが良い関係の中で完成する事を願ってやみません。

     

     

     

  • @蜻蛉庵 (びおソーラーのある家)

    昨年の災害以降 業者さんの確保に時間がかかっているようです。

    解体工事も同じ理由。

    着工は22日からという確定の連絡が有り工程表も送られてきたところです。

     

    お施主さまのご近所挨拶回りも終わり 来週から解体工事がはじまります。

     

    業務連絡!

    解体工事前に生け捕り物品が有りますので事前に確認行います。

    解体工事から基礎工事の間に既存樹木の剪定作業を行う事を工程に含めてください。

     

    下手字でごめんなさい^^

  • @蜻蛉庵(とんぼあん) 契約

    工務店さんの会社にて、無事契約が済みました。

    みんな笑顔の絶えない楽しい契約日でした。(いじられて大爆笑という方もいました^^;)

    工務店さんの代表はムードメーカー!

    場の雰囲気もうまく作られます^^(もちろん家も!)

     

    契約後は現場へ移動し eniさんと外構の打ち合わせ。

    物置は残し/南側の敷石と木々はすべて残し/北側の正面ブロックと木々は処分/給湯器、エアコンは再利用/等々と仕分け。

     

    解体着工の日程も決まりましたので続いて工事のあいさつ回りをこれから行います。