ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

O House(仮)

  • @ o house 鉄筋工事 検査

    鉄筋工事が完了しました。

    整然ときれいに組まれていますね!

    鉄筋工事の検査の良し悪しは 先ずは第一印象で決まるといっても過言ではありません。

     

    きれいに組まれた鉄筋は美しいです。

     

    一定のルールに沿って加工され組まれた鉄筋は迷いがなく自然にきれいに組みあがります。

    不明確なところがない分 潔さと美しさが出てくると思っています。

     

    ぱっと見が美しくないものは細部を見ると更によくないことが多々あります。

     

    同じ材料でも関わる人で大きく変わるものなのです。

     

    全物件、構造計算を行い仕様書を整えているのはそのせいでもあります。

     

     

    端部の処理・定着(鉄筋の継手の重ね代)・鉄筋の空き寸法・かぶり厚さ(鉄筋とコンクリート表面までの距離)・鉄筋の配置寸法 等々

     

     

     

    奥の赤い部分は工事最初に下部主筋の高さを調整する為の捨て鉄筋に錆止めが塗られたもの。

    建築基準法ではここまで記載はありませんがかぶり厚さが取ることが出来ない部分となる為に任意で錆止めのために塗装を施しています。

     

    瑕疵保険会社(j社)の検査員をしているのでやっていて当たり前の処置ですが、他現場ではしていないところもよく見かけます。

     

     

    かぶり厚さを確保する為のコンクリートブロック 高さを70mmとしています。

    通常は60mmを使われるところが多いのですがかぶりがしっかりとれるように保険として70mmを使うことが多いです。

     

    また、スラブ下の地業に捨てコンクリートを打設しない現場も多くあります。

    鉄筋工事の際に鉄筋を踏むとコンクリートブロックが土にめり込み かぶり厚さの規定値である60mm以上が確保できない事がよくあります。

    コンクリート打設時も鉄筋を作業員が踏むことになるので知らない内にかぶりが確保できていないケースもあると考えられます。

     

    捨てコンクリートをしっかり打ちかぶりもしっかりとれる部材をつかうことで施工誤差のリスクから解放される設計をしています。

    スラブ厚さも通常150mmのところ180mmとして劣化に配慮しています。

     

    立ち上がりのSTR(スターラップ)という部材にはフックを必ず設けるのも標準設計です。

     

    というわけで検査は無事合格です!!

     

     

  • @O House 基礎工事

    工事がいよいよ始まりました。

    事前に地盤調査を行い地盤補強なしという事で直接基礎となりました。

    掘方、地業、転圧、防湿シート、捨てコンクリート、墨出しここまで3日ほど。

    続いて鉄筋工事に入ります。

     

     

     

  • @O_House 契約

    仕上げや仕様を決めます。

    そして見積内容を確認しチェックする作業。

    項目、数量、単価 そして設計との整合性 等々

    何度も質疑回答を繰り返しやっとまとまりました。

     

    現場が進みだしてからはここが決まっているとスムーズです。

     

     

    そして本日 めでたくご契約と相成りました。

     

    いよいよ来週から工事が始まります。

     

    「家の名前 O house(仮)は変わらないのですか?」との問いがありました。

     

    プレゼン当初は「土間のある家 (earth floorHouse)」

     

    その後、チークの床を貼るのが夢というお施主さまの思いから土間にチークを貼ることに!

    チークは船舶の甲板等に使われるほど強靭で耐久力のある木です。

    中間領域である土間が外のイメージの強いデッキになりました。

    用途や使い勝手は土間と同じような使い方が可能で外庭と外デッキの中間領域にとつながる内デッキのある家

     

    デッキ=リビング時々庭

    内から外が楽しめ、外から内が楽しめる家をめざし家族の暮らしの活動の幅を拡張します。

    内デッキの上部には吹抜けがあり上下階の空気循環を促進と家の奥まで陽光を届ける役割を担っています。

    機能拡張の可能性とパッシブデザインの要としての内デッキ!!

     

    案1 「デッキハウス」

     

     

    案2「甲板のある家」

     

     

    追記6/18

    建築確認は6/15で済となり。

    長期優良住宅認定申請は6/18 京都市に受理され 工事着工可能となりました!

     

     

     

     

     

  • @O house 地鎮祭

    地鎮祭が行われました。

    天気が良く汗ばむくらいの陽氣。

     

    参列者はお施主さまご家族と工務店さん、FORMA

     

    上品な宮司さんの祝詞を聴くと気が引き締まります。

     

    無事、安全に工事が完成することをみんなで祈願しました。

     

    いよいよ始まります。

     

     

  • @Ohouse 長期優良住宅 技術審査

    長期優良住宅技術審査とは長期優良住宅の認定に必要な審査の事です。

     

     

    長期優良住宅とは?→ こちらの住宅性能評価・表示協会のHPが分かりやすいです。

     

    長期優良住宅に関する特例措置 → 国土交通省 特例措置の概要

    長期優良住宅に対する税の特例

     

    というようなメリットがあります。

    メリットがあるかどうかは借入額などにもよります。

     

    なのでお施主さんからFPの伊藤さんに確認してもらって進めています。

     

     

    只今、技術審査の真っ最中です。

     

    いつも設計している住宅は 耐震性、省エネ性、劣化対策、維持管理更新の容易性は 長期優良住宅 基準としています。

     

    今回は省エネ性能について協会の指定する計算ソフトを使用しました。

    理由はこちらの使用するソフトだと技術審査員さんの審査に非常に時間がかかると聞いたので・・・

     

    しかし自粛期間中の補正対応がメールと電話のやり取りを行うのがなんとも歯がゆい。

    わかったようなわからんような曖昧なところが残り、その都度メールで送り電話で確認という作業の結果、やっと補正が終わりました!!

     

     

    今回の経験からの気づき。

     

    ガラスの熱貫流率、日射熱取得率 のメーカー数値が非常に分かりにくい事。

    ここの整理に結構手間取りました。

     

    事前に使用する開口部の仕様がどの数値になるのかを確認すること。

    いくつもシートがある中で旧基準と新基準と混在している。

    間違えると数値に齟齬が出るので間違いがないか最初によくよく確認する必要があります。

     

    氣を抜く間もなく確認申請の補正も終了。

    あとは消防の同意を待つばかり。