ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

K House(仮)

  • @K_House 契約

    工事金額の話し合いも折り合いがつき無事、工事契約と相成りました。

     

    いよいよ始まります。

     

     

  • @K house 工事金額 VE作業

    チェック後に見積もりを訂正してもらい減算となりました。

    そして更にチェック!

     

    途中経過ですがお施主さまにも共有しておきたいところ というわけで 久しぶりにリアルでお会いして打ち合わせ。

     

     

    in MIRAIMA

     

    今後の予定等 諸々を報告と共有。

     

    建築協定はめでたくOKも出て更に許認可関係を進めます。

     

    契約まであと少し!!

     

  • @K house 見積チェック 

    見積のチェックが続いています。

    工事見積のチェック。

     

    これがもなかなか手ごわいのです!

    一般の方が見積をみても非常に分かりにくいのではないかと思います。

     

    先ず記載されている言葉からして共通仮設工事費と直接仮設工事費 何が違うのか?

    単位は式、坪、㎡、丁等々 慣れてくるとわかるようになってきますが最初は???となるでしょう。

     

    先ずは

    数量チェック、単価チエック、工事種別ごとの内容と工事方法を類推し想定どおりかを確認。

    後は項目の重複をチェック。等々

     

    図面に記載しているので使う材料は頭に入っているのでチェックは比較的やりやすい。

     

    次の数量確認が悩ましいところ、積算では数量の予備をどのくらい見るかは規定されています。

     

    ですが今までの経験では

     

    見積する人によって大きく異なるので注意が必要です。

    同じ図面でも個人差が金額に現れます。

     

    一度経験した工務店さんとは比較的工事価格が読みやすいのですが、初めての工務店さんだと設計内容の読み方が異なるのですり合わせが悩ましいです。

     

    設計、監理という契約ですが業務の中にはこのような見積の精査やバリューエンジニアリング(VE)も含めて行うことが多いです。

    予算についてはシビアにとらえておきたいものですから結構重要な業務でもあります。

    図面を元に工事の順序や設計の趣旨、程度等をしっかりすり合わせすることで見積もりも適正になるようにチェックする業務。

     

    個別差はありますが少ない時で百万前後、大きい時は・・・とても大きな開きがあります。

     

    お施主さま側の建築の専門家という立場でこのように見積を確認すること、アドバイスすることは大切な業務の一つであり大きなメリットでもあると感じています。

     

    言っておきますが単に値交渉や値引きを要求することが目的ではなく適正な工事費で気持ちよく工事していただけるところへ整えていくという感じでしょうか。

     

    あと少しです。

     

     

     

     

     

  • @Khouse 建築協定協議

    五月晴れ!

    本日建築協定の申請を地元の役員さんに提出したところ

    「亀岡からですよね!!」とお声がけいただきました。

     

    ???

     

    お電話でお伝えしたのかなと考え直しても いやいや伝えていません。

     

    しばらくお話を伺うとお施主さまのご実家という事が分かりました!

     

    地域の方が兼任されているのでなので景観に対しても意識が向き街並みが守られるという図式。

    建築協定というのは地域で作るという側面もあるのです。

     

    見積も併せて調整中。

     

    先週に調整のお願いをしたので来週には上がってくるでしょうか?

    きたら助かります!!

     

     

  • 「京都市景観法」色の基準の明確さは何で決まるのか

    京都は景観法が悩ましい!!

    FORMA建築研究室の中西義照です^^

     

    形態制限といって屋根の形(切妻 寄棟等)軒の出 けらば出寸法、外壁のセットバック等が定められているほかに素材や使ってはダメな色まで規定されている。

     

    今回はその色の見極め方のお話です。

     

    例えば美観地区の色彩制限を用語の定義で見てみると・・・

    「自然景観と調和する色彩」 「歴史的町並みと調和する色彩」 「沿道及び市街地街並みと調和する色彩」

     

    ???ではないでしょうか^^

     

    一応それぞれに説明があります。

    「自然景観と調和する色彩」の場合は土や自然素材に多いR(赤)YR(黄赤)Y(黄)N(無彩色)系の色彩で低彩度かつ中明度の色彩を基本とする。

     

    アルファベットは 色彩学でいうマンセル値(アルファベットと数字で色を表現する)です。

     

     

    そしてこの表に 彩度と明度の区分という事で

    低彩度は3未満 

    中明度は4以上7未満

    の記載があります。

     

    例えば仕上げ色を黒で選ぼうとすると 黒は無彩色なので中明度の4以上7未満から選ぶことになります。

     

    黒(真っ黒)のマンセル値はN1 なので中明度じゃないのでNGとなります。

    でも限界の黒を選ぶとなるとN4 となり黒というより濃い灰色という感じになります。

     

    実際のカラーサンプルで見ると

     

    ブラックやブラックパールは4以下 ギングロで4となるのでギングロならOKという事。

     

    マンセル値の表記のない素材は色見本と見比べて導き出すか、アプリならDICCOLOR のCOLORGUIDEを使うと写真でマンセル値を判定してくれるものもあります。

     

    微妙な色合いのものは景観課の窓口にもっていくと色彩計で判定してくれます。(何度か経験済み)

     

    地域によって制限が異なるので計画前に使える素材や色を把握しておくことが大切です。

     

    住宅は個人の建物ではありますが街並みや景観は集合体ととらえると一つ一つが公共財とも言えます。

     

    景観法の出来る前の建物で基準に合っていないものもありますが配慮していくことで徐々に整えられていくことになると思います。

     

     

    現在設計中の建物は修景地区ではありますが色に中明度が求められるのでこのメーカーの鋼板で無彩色で選ぶならギングロが限界でした。

     

    細かいところは京都市景観課に聴くのがお勧めです。

     

     

    土地購入したはいいけど思っていたデザインで建てられない法律の制限があるので購入前にしっかり調べてましょうね^^

    というか専門家に聴くのが早いです。

           ↓

    【お問い合わせの方はこちらからどうぞ】

     

     

    事前に思い描いたものをカタチに出す事が現実化する第一歩^^

    妄想スケッチャー中西義照

    ↓↓↓↓↓

    建築を通して円満を伝える合気道建築家」中西義照(てる)プロフィール

     

     

     

    FB、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストに直接メッセージでもOKです

    お待ちしております。

     

    SNSもぜひご覧ください^^

     

    【ツイッター】 → @forma_nkns

    合氣道の稽古メモが多いです。 お気軽にフォローお願いします ♪

     

    【インスタグラム】→ formankns

    HP事例 には掲載していない写真もアップしています。

    是非フォローお願いします ♪

     

    【ピンタレスト】→ https://www.pinterest.jp/nknskn/

    部屋ごとに分けてピンしているのでイメージの参考に使ってくださいね^^