ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

2.5階の家

  • @2.5階の家 

    梅雨、雨が続きます。

    外回りの工程が定まりません。

     

    引き渡しの日が決まったものの現場は天気に悩まされています。

     

  • @2.5階の家 左官工事

    明日以降から左官屋さんが珪藻土仕上げに来られる予定

     

    本日はゆっくりと工事の状況をながめさせてもらいました。

    その後、監督さんと合流。

    今後の予定等聞かせ頂いてほぼ順調に進んでいるとの事

     

     

     

  • @2.5階の家 大工さん工事ほぼ終了 電気工事、塗装工事

    雨が降ります。

    先週から梅雨入りの京都です。

    ですが一定量の天空光が建物内に入ってきます。

     

    キッチンも取付完了です。

    電気工事の配線の取り出しが行われます。

    セルロースファイバー断熱の場合は断熱工事前に電気の配線を済ませているのでこのタイミングまで登場されていなかった電気屋さんが登場です。

     

    その後、塗装工事屋さんに天井のクリア塗装をしていただきました。

  • @2.5階の家 内装工事

    リモートワークとなったお施主さん。

    ご自宅でお仕事との事でお昼の休憩に合わせて現場見学。

    昨今、共働きのフルタイム労働が多い中、こうして工事中の現場を見る事ってなかなかできにくいことだと思います。

     

    今回の騒動ではこうした側面もあります。

    工事中に見てもらう頻度が増える事はよい事だと思います。

     

    設計時に伝わり切れなかったことの再確認はもとより、出来上がる様子を体感してもらう事ってほんと貴重だと思います。

     

    これからもお待ちしています!!

  • @2.5階の家 内装工事

    階段取り付けされました。

     

    「やっとついた~^^」

     

    大工さんの喜びの声。

     

    脚を傷めていた大工さん。

    痛みはずいぶん改善したようですが梯子より階段のほうが楽ですよね。

     

    今日は応援の大工さんが二人入られて、内装を進められます。

    工程は順調ですが足場解体は来週はじめになりました。

     

    テレワークのおかげで工事中の現場を見る機会が増えたお施主さん。

    解体に立ち会えるといいですね。