住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

里山の空家ワクワク大変身プロジェクト!ガレージの片付け

中西の実家が空家になっていて、そこをどう活用するか考えています。全国的に空家問題がある状況で、同じように実家が空家になってどうしよう…と思う人も多いはず。なんとか楽しい場所にしたいので、プロジェクト名をつけて楽しんでみようと思っています。

 

『里山の空家 ワクワク 大変身プロジェクト!』

 

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

 

朝一番に行った里山は、ちょうど靄がスッーとひいていくときでした。田畑があるところで育ったし、景色はめずらしいわけではありません。そして特に田舎が好きなわけでもありません。でもきれいだなぁと思いました。こんな景色はやっぱり里山ならではかもしれません。

 

場所は、亀岡の湯の花温泉をこえていく少し標高が高いところ。なので、同じ亀岡市でも自宅のある市街地では霧がでていても、ここは霧がひくのがはやいです。

 

 

【2018年春スタート】

 

2018年の春から空家になりました。それから、少しずつ母屋の片付けをし始めました。母屋もまだ一部片付けが残っていますが、母屋のほかに、小屋、離れ、ガレージがあるので、全部で建物が4つあります。そのすべての片付けからスタートです。

 

 

 

【ガレージの片付け】

 

写真を撮り忘れて、半分以上作業が進んだところ。トラクターがギリギリ入るくらいしか空いてなくて、もっともっと物が山盛りありました。

 

ガレージの半分を作業とトラクターをとめるスペースとして使えるように片付け。小屋には処分するもの、離れには残すもの、仕分けしながら作業です。

 

ここは離れです。離れは道具置き場にする予定です。

 

息子が帰ってきた時を逃さず片付けをします。大きな片付けは力仕事ができる人がいると大活躍。助かった。

 

市指定の不燃ごみ袋に入る物はいれて処分します。費用がかからない処分方法です。不燃ごみ袋には入らない物も山盛りあります。そんな大物や家具は大型ごみとして出すか、別に処分を頼むしかありません。

 

2019年2月5日。今日はガレージの片付け。

 

 

 

【空き家の活用】

 

家として使われてきたけれど、今は使っていない、いわゆる空家がどんどん増えています。

同じ亀岡市の里山で暮らすFさんご家族も空家をリノベーションされました。

 

里山で暮らす家F邸リノベーション

 

 

 

空家対策がいろいろありますが、リノベーションして里山での暮らしをしたい、そんな方は私たちが暮らす亀岡市にもこんな支援制度があるので、気軽にご相談ください。

 

亀岡市には、市外から移住してこられる方へ住宅取得(賃借)のための支援制度があります!

 

 

好きなことを楽しみながら暮らしたい仲良し家族を応援します。共働きで忙しいというご夫婦や、片付けが苦手だなぁ~と思う方も、大丈夫!

私たちとたくさん話しながら楽しく暮らす住まいを考えましょう♪

 

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります(^^)/

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール