住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

片付く家のつくり方 設計中にアドバイスできること。

住まい方アドバイザーの私の師匠、近藤典子先生の『片付く家のつくり方』講演会に参加してきました。

 

近藤先生に「セミナーやらないと」って言われました。そうなのです。プチセミナーからやっていこうと思いながら、なかなか実行できなくてダラダラしていたところに、喝をいれられた感じです!!!

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

 

 

片付く家のつくり方、知りたいですよね。

近藤先生の講演からざっくりと。

 

【片付けとは】

整理:要る物と要らない物に分けて、要らない物を処分すること。:

収納:必要な物を適切な場所におさめていくこと。

整頓:使ったものを元に戻して、掃除をすること。

 

 

片付けの順番

1.整理

2.収納

3.整頓

 

知ってます!って思う方も多いはず。

お片付けや収納の本や雑誌や記事には、だいたい同じように書いてあるので、片付けたいって思ってる方はご存知の方も多いと思います。

整理→収納→整頓、この順番が大事!

そうでないと、うまくいかないのです。

 

 

 

【例えば】

「お片付けしなさーい」と子供たちに言ってないですか?

その時のお片付けの意味は、使ったものを元に戻して、掃除しなさいって意味のことが多いかな。

 

でも、、、

 

要らないものがたくさんあって、要る物と要らない物が混ざっていたり、適切な場所に収納されてなければ、整頓だけしなさいと言っても、どう片付けていいのか分からないのです。

 

何をどこへどう片付けていいのか分からないのに、片付けなさい、と言われてもできないのです。

だからこそ、順番が大事。

 

 

【誰がする?】

最初にする整理は、物の持ち主(本人)です。

他人では要る物、要らない物が分からないことだけじゃなく、自分で判断しないと後悔することにもなりかねません。

「勝手に捨てられた―!」って、言われかねません(笑)

 

住まい方アドバイザーの私は、どこへ納めるか、どんな道具を使うか、どれほどのスペースをとるか、という収納のところからのアドバイスを設計中にしています。

 

 

ここまでができると、、、

 

 

物に指定席があるので、戻すところが誰でもわかるので整頓は誰でもできます。

 

 

 

【片付く家とは】

 

どこに何があるか分かる、みんなが使いやすい、使っても戻しやすい。

↓↓↓

散らかっても元の状態にすぐに戻る。

↓↓↓

「片付く家」

 

ということなのです。

 

 

 

 

共働きで忙しーというご夫婦や、趣味のものがいろいろある方、片付けが苦手だなぁ~と思う方、住まい心地のいい家を建てたい方の家づくりを応援します♪

どうぞお気軽にご相談くださいね。

 

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります(^^)/

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール