住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

パッドマン とってもいい映画でおススメしたい!

よかったのです。おススメしたいのです。観た映画が予想以上によかったのに、観てる人が少なそうでもったいないー

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です

 

 

そんなおススメの映画は『パッドマン 5億人の女性を救った男』

 

物語は実在のインドの男性がモデルになってます。

 

 

【ストーリー】(公式HPから)

 

インドの小さな村で新婚生活を送る主人公の男ラクシュミは、貧しくて生理用ナプキンが買えずに不衛生な布で処置をしている最愛の妻を救うため、清潔で安価なナプキンを手作りすることを思いつく。

 

研究とリサーチに日々明け暮れるラクシュミの行動は、村の人々から奇異な目で見られ、数々の誤解や困難に直面し、ついには村を離れるまでの事態に

 

それでも諦めることのなかったラクシュミは、彼の熱意に賛同した女性パリーとの出会いと協力もあり、ついに低コストでナプキンを大量生産できる機械を発明する。

 

農村の女性たちにナプキンだけでなく、製造機を使ってナプキンを作る仕事の機会をも与えようと奮闘する最中、彼の運命を大きく変える出来事が訪れる――

 

 

【インドで初登場NO.1の大ヒット!】

 

衛生的なナプキンが手に入らず生理障害に苦しむインドの女性たちの現状、そして男性が“生理”について語るだけでも奇異な目で見られるインド社会の中で公開した本作は初登場NO.1の大ヒット!

 

主人公ラクシュミ役のアクシャイ・クマールがみせたクライマックスの演説シーンは圧巻で観客を感動と涙の渦に巻き込む。

 

 

やったつもりではダメなんだ、完璧に仕事はしないといけない。

人に提供する前には必ず自分で試してみるんだ。

 

いくつか自分が気になるフレーズあり、涙したシーンあり、感動するシーンあり、そして何よりこの映画のモデルになった人が実在することが驚きです。

 

 

インド映画らしさなのか途中で、

“引き続きお楽しみください…”

このテロップには笑えました。

 

 

【ボリウッドの実力派俳優たちが熱演】

 

ボリウッドって?

インド・ムンバイのインド映画産業全般につけられた俗称。ムンバイの旧称「ボンベイ」の頭文字「ボ」と、アメリカ映画産業の中心地「ハリウッド」を合わせてつけられた。Wikipedia

 

 

観に行ったのは朝の8時台。時間が早いからか、観客数10人。

エッー

こんなにいい映画なのに。

 

早朝かレイトショーしかないかもしれないです。それでもおススメ、ぜひ観てほしいデス。

 

上映劇場はこちら

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール