住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

ペンキ塗りのポイント 備忘録

輸入塗料ベンジャミンムーアでペンキ塗りのフルコーチングを受けました。

 

たまたまNHKの取材が入っている日だったようで(2019年2月24日7時45分〜ルソンの壺)

教えていただいた塗装職人さんが勲章受章された超ベテランの方でした。

 

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

 

真ん中が、瑞宝単光章という勲章受章された福原さん。

職人歴60年の超プロから塗り方を教えてもらった!

これは忘れてはいけないので、とにかくメモします。

 

 

【下地処理】

 

下地が良くない場合は、塗る前にペーパーをあてる。

 

 

【養生(マスキング)】

・左から右へ貼る(右きき)

・角はしっかりヘラなどを使っておさえる

・テープは人差し指をいれると使いやすい

・マスキングテープとマスカーは違う色で

・マスカーはマスキングの方が剥がしやすいが、粘着はガムテープのマスカーのほうがよい

・下地によっては少し逃げて貼る

 

 

マスカーとは、養生するシートとテープが一体になってるこんな物。手で切れます。

 

 

【刷毛ぬり】

・刷毛の持ち方はお箸をもつように

・ペンキをつけたらばけつのはしでトントン落とす(一か所でトントン)

・真ん中から塗る

・はけの先を角にあわせる

・はけは一方向にぬる

・スナップを使わず腕でぬる

・はけと面は平行斜めにしない

・面の中にある角は端から塗らず塗り終わりを角にしてぼかす

・面をぬるときも右から左へ

 

 

【ローラー塗り】

・ローラーにペンキを均等につけて適当に落とす

・塗りたいところの真ん中から

・力をいれずに

・塗り終わりはスッとぬく

・出隅を整えるときは先に左右でペンキを落としてから塗ると継ぎ目をぼかせる

 

 

以上、ペンキ塗りのポイント備忘録。

 

 

白い壁を茶色に塗って体験塗り完了。

塗った時より乾くとグッと色が落ち着いてとてもいいです。

 

※しっかり養生して塗ったところとの境目がピシッときれいなら少々の塗りムラがあっても大丈夫。素人やヘタくそはあちこち汚すー(>_<)

 

 

2月2日(土)自宅キッチンの背面壁の塗り替え予定です(^^)/

 

自宅のキッチン背面壁をDIYで塗り替えます。見学へどうぞ。

 

 

 

京都の住宅設計事務所「FORMA(フォルマ)建築研究室」の住まい方アドバイザー中西千恵でした。

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール

 

 

 

【ご相談はこちらからどうぞ】

喜んでご相談承ります(^^)/