COST

価格

フォルマの考える
家の価格

決められた予算の中で様々な条件や要望を考慮し、全体のバランスをとりながらコストコントロールをしていきます。
基本的性能をさげることなく、規模や間取り、カタチや素材、施工しやすい方法などを考えることはとても大切で、単に費用をおさえるための「安かろう悪かろう」では私達が関わる意味がないと思っています。
住まい手となるお客様には、一般的という考え方や固定観念にとらわれず「オリジナルの自分の家」という発想をしていくことで、価格においても納得のいく家ができると思います。

家の価格=初期コスト(建築費用)+ランニングコスト(光熱費)

最初は、建築時の費用にばかり目がいきがちではないでしょうか。
ですが、断熱や気密といった基本性能をしっかりと確保することにかける費用は、暮らしはじめてからのランニングコスト(光熱費)をおさえることにつながります。
ほんの数年暮らすためだけに家を建てる人は少なく、何十年も暮らそうと思って建てる人がほとんどです。
だとすると、何十年分のランニングコストの大小の差はとても大きなものです。
初期コスト(建築費用)とランニングコスト(光熱費)をあわせて考え、それらのトータル費用が同じなら、性能をアップした家のほうが断然暮らしやすいと思います。

世代が変わっても、住まい手が変わっても、引き継いでいきたいと思え、年月を経ても価値のある家を一緒に考えましょう。

工事費用、設計・監理費用について

皆さまからよくご質問いただくのが「工事費用」と「設計・監理費用」についてです。 工事費用は、算出方法やプランによって大きく異なってきます。フォルマでは工事費用を算出する坪単価は延床面積を基準にしています。これまでの実例で多い工事費用の価格帯です。Q&Aページの 価格について もご覧ください。

  • 工事費用

    70万円/坪 ~ 90万円/坪

    ※これまでの実例で多い価格帯です。坪単価は延床面積を基準に算出しております。詳しくはこちらをご覧ください。 ※工事費用には、解体工事費、上下水道引込費(引込が無い場合)、地盤調査・改良費、外構費、エアコン、暖房機器等は含まれておりません。
  • 設計・監理費用

    延床面積(㎡) × 25,000円(税別)

    ※設計/監理費用の最低料金は250万円とさせていただいております。建築確認申請料、構造計算費用、遠方への交通費等は別途必要です。。
事例一覧を見る