ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

テイネンゴノイエ#03

  • 空気集熱ソーラー(そよ風)の効果はどのくらい?  後日談!

    先週、連日のマイナス気温から幾分冷え込みの緩んだ京都府南部です。

    前回記事の「そよ風」の効果はどのくらい?という記事の続編です。

    というのも、大満足のクライアントから頂いた、そよカルク(そよ風のデータ閲覧ソフト)の帳票の数字に疑問点が有ったのでメーカーに問い合わせたところ、意外な事実が判明しました!!

     

    こんにちは、京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室

    住宅アーキテクトの中西義照です。

    こちらの疑問点は3つ。

    1.運転モードの表記が空気取り入れ前後に屋根冷やしモード?

    2.取り入れ時の風量がいつも3なのは偶然?

    3.断熱性能(UA値0.55W/㎡K)の割に夕方から翌朝までの室温の下がり方が大きい気がする。

    14度前後というのは少し寒いのでは?(当日は晴天で窓からのダイレクトゲインで床、壁の表面温度が上がっていた事も有り体感は20℃近くと感じました)

    というもの。

     

    いつも大変お世話になっている環境創機の近藤さんにデータを見てもらいながら検証していったところ・・・

     

    1.屋根冷やしモードはそよ風の取り入れモードにするかどうかを本体がセンシングするために予備導入運転を20分間隔で動くというものの表記が屋根冷やしモードになっていたとの事。こちらはプログラム側で名称変更を検討するとの事でした。

     

    2.風量が固定されていて効率が落ちていることが判明!!

    棟温度が効率の良い時は50度近くになっているのに室温はそれほど大きな変化が無く、風量が3に固定されている可能性が浮かび上がってきました。

    風量は1~5までの段階が有ります、自動運転にしておくと棟温度に合わせて最適な風量を選択してくれますこれが3に固定されていた事で温度の有効利用が出来ていなかった事がわかりました。

     

    3.夜間に24時間換気モードとなっている事が判明!!

    せっかく昼間に暖かくなった空気を夜間に排出していて非常にもったいない状態になってしまっていました。

    (そよ風の風量は200㎥/hなのでこの家の気積の6割を排出していたことになります。当初は24時間換気モードOFFにしていたのがなぜかONになってしまっていたようで・・・クライアント様すみません)

     

    近藤さんさすがです!

     

    1.は運転には影響はなく、2.3.については太陽熱を効率よく使う観点からみると非常に効率の落ちる使い方となっていました。

    そして、近藤さんとクライアントで電話で話しながら制御盤のTC-8の設定を変更していただきこれからのデータを見ていくという事になりました。

    今回はそよカルクのデータのおかげで操作方法が最適化されました。

    そよ風は設置後も室温や作動状況がモニタリングされているので、使用状況に合わせて最適な使い方のアドバイスが出来たり状態を知る事でメンテナンスに備えたりと安心して使っていただけるのではないかと思いました。

    そして使う中でクライアントの身体感覚に合わせた調整をしていかれるとよいと思います。

     

    冬もまだまだこれから、もっと暖かかく暮らして頂けるますように!!(今後のデータも機会があれば教えてくださいね!!)

     

    今回の反省点として初期設定時のチェックと取扱い説明時に再確認の意味を込めて説明をする事にします。^^;;

     

    日々研鑽と改善を繰り返し人と家の幸せな関係を作る。

    そんな思いで住宅設計監理をしています。

    京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、 住宅アーキテクト(この呼び名、ほんま慣れへん^^;)中西義照のブログを読んでいただきありがとうございました!

     

  • 空気集熱ソーラー(そよ風)の効果はどのくらい? 住まい手に聞く体感会

    空気集熱ソーラーと言ってもわかりにくいですね。

    今回は「そよ風2」を使いました。

    他にもびおソーラー、OMソーラー等が有ります原型は建築家 吉村順三事務所を経て東京芸術大学名誉教授の奥村昭雄氏の考案された方法が基になっています。

     

    簡単に言うと屋根下の通気層を太陽熱で暖めて集め、床下の基礎コンクリートに吹き出してコンクリートに熱を貯め暖房の助けとする方法。

    夏は逆の動きになりますが詳しくは 環境創機「そよ風」とは をご参考まで。

     

    朝の気温は-5°晴天!!

    絶好の体感が出来そうな日になりました。

     

    こんにちは、京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室

    住宅アーキテクト(この呼び名慣れません^^;)の中西義照です。

     

    只今設計中のクライアント二組に空気集熱ソーラーシステムの「そよ風2」(環境創機)を体感してもらうべく、テイネンゴノイエ#03のオーナーにお相談したところ、快く引き受けてくださいました。

    オーナーも建てる前に見聞を深めてこられた経験があり、実体験のもとに納得し決定するのが良いと考えておられ、これから建てる方には体感が良いだろうという事でご協力いただきました。

     

     

    そして、オーナー自ら、そよ風の使用感と快適さの度合い等を 夏と冬の室温、外気温等のデータをプリントアウトしたものをご準備頂き詳しく説明していただきました。

     

    冬場の暖かさはもちろんなのですが、夏場も外気が38℃近くになった時でも室温は30℃以上(エアコン使用無)にはならないというデータが少し驚きでした。

     

    夏場の最高に暑い7、8月でも最低気温は24℃前後と意外と快適な温度滞の事が多く、この快適温度を積極的に取り入れる事(ナイトパージ)、放射冷却により冷やされた空気を基礎コンクリートに蓄冷させ、外気温が上がるころには空気の取り入れを止め基礎コンクリート表面を流れる空気を幾分か冷やしながら吹き出し、暑い空気は排出する事で室内の温度を上げにくくする効果が出ているという事です。

    エアコンを短時間かけると短時間で室温は更に快適温度に到達する事でしょう。

    夏の夜

    夏の昼間

     

     

    冬の使い方としては、一番気温が下がる朝に2時間ほどエアコンを運転し、快適温度に到達したら、翌朝まではエアコンはOFF。

    日中はそよ風と太陽の直射日光(ダイレクトゲイン)が部屋を暖めてくれます。

    そして日が落ちて徐々に室温が下がるのですが翌朝でも14,5度。(この日の最低気温は-3℃!)

    室温を見ると個人差はありますが肌寒いかなという程度ですが、壁、天井、床の表面温度も室温に近い温度、(床は蓄熱の成果少し高めのようです)が保たれているため放射の感じ方も程室温と同程度、着衣量で調整すれば寒くはないとの事です。

     

    就寝中に二度ほどトイレに起きられる時も廊下やトイレが寒いと感じた事は無いとの事。

    北面に配置した脱衣や浴室にしても寒さは感じないという住み心地をお聞きして安心しました。

    体感時にセンサーで色々な部分を測定して回りましたが室内毎の温度ムラが少なくなっている事がわかりました。

    高齢者のヒートショック問題の温度ムラと室温の低さに対しては不安要素が少なく出来たかなと思います。

    冬の日中

     

    見学者には直接オーナーが語りかけてくださった事でそよ風にどのような効果があるのかという事が良くわかっていただけたのではないかと思いました。

    設計者としては、住まい手が快適に暮らされている事を目の当たりして、そして予想以上に満足しているという言葉をお聞きして正直感動してしまいました。

    オーナーに喜んでもらえる仕事をしっかりとやっていきたいと思います。

    そして建築と人との幸せな関係をどんどん増やしていけるように取り組んで行きたいと思います。

     

    本年もよろしくお願いいたします!

     

    京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、 住宅アーキテクト(この呼び名、ほんま慣れへん^^;)中西義照のブログを読んでいただきありがとうございました!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    新年あけて早々のお忙しい時期にお時間を取っていただき感謝です。

     

     

  • 「そよ風(空気集熱)」の効果が感じられる季節になりました。

    台風が過ぎ、西高東低の気圧配置となりグッと冷え込みました。

    今朝は10℃きるくらいですが、亀岡名物の霧もなく快晴となりました。

    おはようございます。

    京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、中西義照です。

    建築が好きで心地の良い居場所を探究しています。

    _

    太陽の暖かさを感じてありがたいなという気持ちになり、テイネンゴノイエ03のそよ風(空気集熱システム)が働いてくれているかな?

    と思いクライアントに聞いてみました!

     

     

    室温が19.7℃、亀岡の自宅は16℃だったので、3℃差。

    太陽が空気を温め、基礎のコンクリートに熱を貯めて、寒くなる頃には放熱され、断熱と相まって穏やかな室温が維持される事を目指した家です。

    これからどんどん蓄熱して冬に備えて貯金をしていくように熱が貯まるといいですね!

    _

    自宅は霧で有名な亀岡、お日様のありがたみは良くわかります。

    それ故に少しでも太陽の恵みを有効利用したい!

    自宅設置を目指してちょっと本気でシミュレーションしてみたいと思います。

     

    ※「そよ風」は環境創機の製品です。

    京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、中西義照のブログ「日々雑感」を読んでいただきありがとうございました!

     

     

     

  • @テイネンゴノイエ#03 表札取付

     

    表札

    表札のデザインを頼まれましたので、シンプルな真鍮にエッチングで文字を墨入れした物をご提案。

    金属工芸の堀金属さんに依頼して製作して頂きました。

    そしてFORMAは取付担当。

    取付ビスの真鍮にしたので取り付けは慎重に行いました。

    位置を出して、ドリルで下孔を空けてドライバーで山をつぶさない様にゆっくりと。

    おかげさまでうまく取り付けられました。

    _

    引っ越しから二か月ほどたち、ご夫婦も少し落ち着かれたようです。

    完成に合わせてオーダーされていたたテーブルや椅子も全て揃い、窓のシェード類とも相まって良い雰囲気になっていました。

     

    _

    そして気になる空気集熱ソーラーシステムの「そよ風」 この日は外部の気温が28.5° 部屋の内部が26°

    湿度は多いようには感じませんでした。

    操作部で気温や室温が記録されていると思いますので一年を通しての効果を確認して行けたらと思います。

    その際はよろしくお願いいたします。

    _

    雑談の中でご主人が

    「家の居心地や気持ちよさ、落ち着くという気持ちは、家だけではなく廻りの環境も含めてトータルで設えてこそですね。」

    とおっしゃっていました。

    正にその通りだと思います。

    _

    家が建つ場所は密集地であったり、景色のいい所であったり様々だけど、周囲の環境を活かし、自身の敷地内にも家にとっていい環境を作り、それらを活かした家を作る事でより良い自然な環境が重なり合った家が出来ると思います。

    FORMAでは計画前の敷地調査の時にまずその辺りを把握する事から始めます。

    なぜなら、そんな部分を大切にしているからです。

    そこが伝わったことが本当にうれしく感じた一言でした!!

  • @テイネンゴノイエ#03 引き渡し後のご訪問

    引っ越しが終わり一週間後に暮らしの状況を聞かせてもらうために伺いました。

    teinengonoie

    内部の写真は撮り忘れていますが・・・選ばれたソファ、ローテーブルや椅子達もいい感じで庭の緑と相まって居心地がよさそうでした。

    _

    「そよ風2」の作動状況もお伺いするとこの日、外気温が26度のところ居間では23度前後。

    明らかに低くなっており体感的にも熱い寒いがなく心地よいというレベルでした。

    この日、少し早目についたので車の中で時間調整をしていたところ、黄砂ががひどく窓が開けられなかったので暑くなりエアコンをかけてる程のお天気でした。

    にも関わらず、ロフトも暑いと思ったことはないとの感想でした。

    なので、断熱性能とそよ風の運転状況がうまくいっていると思いました。

    季節的には気持ちの良い時期なので早々に喜んでもいられませんが、夏と冬の今後の状況を見守りたいと思います。

    _

    この日はエアコンの機種選定の計算書をお持ちしたのですが、そよ風の能力を見てからのエアコンを選定するという事になりました。

    (もともと、エアコン利用の頻度が少ないため)

    _

    クライアント様には引っ越しの片づけがまだ残りますがお疲れの出ませんように!

    また、工事に関わっていただいた人見建築さんと各専門工事業者さん、ありがとうございました。

    これからもメンテナンスや是正等でお世話になりますが今後ともよろしくお願いいたします。

    と同時に人見建築さんは「そよ風」のメーカーである環境創機の講習を受けられ、テイネンゴノイエ#03新築工事にあたって登録をされましたので報告しておきます。