ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

里山で暮らす家 N邸リノベーション

  • 古民家リフォーム 手書き図面

    いつもブログを読んで頂きありがとうございます^^

    今日は仕事の一部をご紹介。(興味ある方のみどうぞ!)

     

    スケッチではないのでタイムラプスで撮らずに書いていたら 面白いので撮ったら?というご意見が!

    なるほど 「^^

     

    こんにちは、京都の設計事務所FORMA建築研究室

    発想力は自由に! でもこうと決めると線路から外れたがらない^^; 中西義照(てる)です。

     

     

     

    今進めている古民家 リフォーム。

    耐震補強方法はあるものを利用しながら補強しなくてはなりません。

    制限があるので必然的に現実に即した設計をしないと施工が出来ません。

     

    そこでスケール1/10の平面図を書いて仕上げと開口部等の納まりを確認しながら補強方法との摺合せをする作業。

     

    BIMCAD(ビルディングインフォメーション )を使い出すとこのあたりの作業もPC上で出来るのですが作業時間と手戻りの追加時間を考えると 下図を共有して構造担当と意匠担当の考え方をまとめる方が好都合!

     

     

    設計作業はこんな地味な作業の積み重ね。

     

    神は細部に宿るではありませんが 見え方、体感において細部が全体に及ぼす影響は大きいものです。

     

    当時に建てた職人さんの考えや思いを受け取り今ならどうする? と自問自答しながら方針を導き出す作業。

    そのために過去の建物の造られ方を調べたり 同年代の参考になる建築を見学したりと勉強と体験がないと判断できないと考えます。

    こんなところも含めて設計という仕事の面白いところでもあります。(やればやるほど奥深い世界を知ることになります。)

     

     

    ここまで読んでいただきありがとうございます。

     

    京都 亀岡 の設計事務所 FORMA建築研究室 「古民家リフォーム設計が好き!住宅医」 中西義照(てる)でした。^^

     

    誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいねー♪

    ↓↓↓↓↓

    建築を通して円満を伝える合気道建築家」中西義照(てる)プロフィール

     

     

    SNSもぜひご覧ください^^

     

    【ツイッター】 → @forma_nkns

    フォローお願いします ♪

     

    【インスタグラム】→ formankns

    フォローお願いします ♪

     

    【ピンタレスト】→ https://www.pinterest.jp/nknskn/

    部屋ごとに分けてピンしているのでイメージの参考に使ってくださいね^^

     

    そして、相談したいと思われた方、話してみたいと思われた方は

    【ご相談はこちらからどうぞ】

    FB、ツイッター、インスタグラム、ピンタレストに直接メッセージでもOKです

    お待ちしております。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • @里山で暮らす家 N邸リノベーション 

    解体工事、土工事の再見積、着工を控える中

    母屋の設計は構造補強と設計との摺合せが始まりました。

    現状抱える問題点の整理、対策の方向性が出そろいかけてきた感じ。

    現況に合わせて構造補強をしていくには 現況の把握と採用可能な耐震補強製品の知識も必要。

    在来のように梁の高さが違うので今回はステンレスのブレースで変形を止めようという考え。

     

    一階の耐力壁要素には地震力を軽減するダンパーも設置する予定。

     

     

    茅葺の骨組み(さすまた)部分も劣化が進んだ時のスラスト対策を施そうという考えです。

    補助金の申請書類の準備も同時進行です。

  • @里山で暮らす家 N邸リノベーション 解体と擁壁工事見積もり 合理的な計画  

    年明け早々に出てきた見積もり内容を見たところ、蔵の解体工事費が非常に高くなっていました。

    家の周りは塀で囲まれていて蔵は家と離れの中ほどに有り、作業の通路を作らないと搬出が出来ない状況。

    なので人手がかかることは理解できるにしても費用の妥当性の判断は難しい。

     

    ボク自身も判断が難しいのだからお施主様は尚更だと思いました。

    今回は内容、明細の説明はもちろん、比較の為 他業者に見積もりを依頼しました。

    あまり比較をするのは気持ち的にしてもされてもいい気分はしないので 信用おけるところにお任せする事が多いのですが

    今回は驚くぐらいの見積もりなのでやむを得ません。

     

    作業の進め方や段取りによって費用が変わる事もあるし細目の裏付けを教えてもらう事で理解が出来れば納得も出来ます。

    結果はやはり金額の開きが出てきました。

    更に、説明を行う際にお施主さまの提案により 新しい作業方法で合理的な選択肢が生まれる事になりました。

     

    合理的な提案。

    この部分は工事関係者なら普通行わない判断をお施主様がいいよ! と言って頂いたから出てきた案。

    具体的に言うと入口にある立派な松の木を移動してレッカーの使用が可能になった事。(手入れされた立派な松を動かすなんて一同誰も考えられませんでした)

     

     

     

     

     

     

     

  • @里山暮らしの家 N邸リノベーショーン

    優先事項は

    既存の蔵解体

    西側の1m高い地盤を掘削し母屋から50cmほどの通路を広げる事。

    この二つが大きな課題。

     

    地盤掘削をすると土留めが必要となる事から先ずは鉄筋コンクリートのT型擁壁を提案。

     

    コストを下げる方法の提案を求められたので提案した方法

     

    ① 蛇籠に割栗石を詰めたもの。鉄筋コンクリート擁壁と工事金額が変わらないとの事。

    搬入経路が道に面さないため通路を確保し養生を行った工事になるため、人力による小運搬が必要。

    算出結果としてはほぼ同水準となる。

    ② 生コンクリートの廃棄物をコンクリートに固めたもの。

    現在 近隣のコンクリートプラントに在庫がなく、遠方から運ぶとなると運搬費がかさむことになる。

     

    ③ 擁壁用型枠コンクリートブロック

    コンクリートブロックの内部に生コンを打設させて固める方法。これが一番現実的で臨機応変に対応できそう。

     

    工務店さんの話を伺うと職人が不足している状況でなかなか思うように事が運ばないという。

     

    早め早めに進めておきたいところです。

     

     

     

     

  • @里山暮らしの家 N邸リノベーショーン

    先日は概算工事金額の説明と合わせて優先工事の再確認。

    耐震工事というと 耐力壁を増設、建物上部構造の軽量化と思われる方が多いと思いますが 劣化部分の改修工事が大変重要です。

     

    いくら強くしても弱っているところをそのまま置いておくとその部分が弱点になるからです。

    住宅医の詳細調査ではこの部分もはっきりとしますので工事に見込むことが可能です。

     

    予算を横目にこれから構造計画を本格化させる事をお伝えして了解を得ましたので進めてまいります!