ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

建築現場日記

  • @Y House  木工事

    良い天気続き。

    ほんと気持よい季節です。

     

    天井断熱に格闘していた大工さんお疲れさまでした。

    気密測定ももうすぐですね。

    軒出が1500近くあります。

    その心は外部の内部化。

    外でも軒が出ている事で安心感をもって外とつながる事が出来ます。

    ほんと気持よい天気だな!

     

    そして電気工事の工事確認を施主さんと一緒に見て回りました。

     

    見て回る最中に「めちゃ ゆったりしている!と興奮気味の所員。

    「それはモジュール効果だよ」と説明しながら、自分もほんと910から985の違いはほんと大きいなと再確認。

     

    吉村順三氏もプラン時のモジュールの事について言葉を残しておられたな・・・

     

    その効果をどう設計に織り込むかが大切だな。

     

  • @YHouse 木工事

    今年は桜が早いですね!!

    入学式まで持つのでしょうか?

    工事も着々と進んでいます。

    断熱も入り、浴室も組み立て完了。

    定例の打ち合わせは建具などの開口回りの納まり確認。

     

    大工さん出身の社長はポケットに木片をお持ちでいつも説明する時に使い分けて実物で説明してくれはります^^

     

    ありがとうございます。

     

     

  • @クラノイエ 補助金の概要が更新されました

    一昨日、令和3年の補助金概要が発表されました。

     

    内容は前年と変わって今ない模様ですが申請書類などは更新されていない状況なので内容は更新を待つとして図面の方を進めていきます。

    構造計算の方は今週末でまとまるとの事で 来週初めに打ち合わせを行う予定です。

     

     

  • @クラノイエ(蔵の家)

    補助金メニューの相談。

    昭和25年以前と以降でカテゴリーが変わるらしい。

    実際の耐震改修設計はS25年以前のメニューにそぐわないところが悩ましく、京都市の判断に時間がかかっています。

     

    ですが通常の木造住宅カテゴリーの補助金メニューで行けるとのアドバイスを頂いたのでこちらで進めます。

     

     

     

     

     

     

    役所は年度末!!

     

    4月第二週以降に補助金の受付が始まるとの情報を得ました。

    工程を修正して進めています。

     

     

  • @Y House 木工事

    屋根が葺かれています。

    これで雨も安心。

    大工工事はどんどん進んでいます。

    24日定例の現場打合せ

    25日は中間検査。 合格です。

     

    断熱工事に入ります。

    工務店さんんと大工さんは事前に施工方法を動画で確認。

    しっかり気密と断熱に隙間が無いように工事が進められることだと思います。