ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

建築現場日記

@蜻蛉庵とんぼあん(びおソーラー空気集熱のある家) 床の間 材料確認、 塗装色決め

こうして、お施主さまに現場を見てもらいながらの確認打ち合わせ!

 

先ずは、当初決めていた 塗装部分の色彩計画について。

当初案よりも少し明度を変えて 全体のトーンを同系色に整える方向性で決まりました。

床の間の材料。 既存の生捕材料を元にイメージを作り、選び方などを交えて方向性を出していきました。

床柱、床框、地板、落とし掛け、違い棚、地袋、天袋 等々。

 

これで工事に着手できます。

 

最近、和室を作る家は少なくなってきていますが 最初に働いた設計事務所は数寄屋や茶室、数寄屋意匠の店舗や空間デザインなども手掛けていたので、事例には少ないですが好きな部分でもあるのです^^

 

 

この日は、お施主さまの 高校時代のクラブのコーチも同席頂きしばし見学していただきました。

 

工事も終盤に近付いてきました。

 

9月には足場も解体され外部の工事に進んでいく予定です。