住宅アーキテクト

中西義照のブログ

空気集熱ソーラー(そよ風)の効果はどのくらい? 住まい手に聞く体感会

空気集熱ソーラーと言ってもわかりにくいですね。

今回は「そよ風2」を使いました。

他にもびおソーラー、OMソーラー等が有ります原型は建築家 吉村順三事務所を経て東京芸術大学名誉教授の奥村昭雄氏の考案された方法が基になっています。

 

簡単に言うと屋根下の通気層を太陽熱で暖めて集め、床下の基礎コンクリートに吹き出してコンクリートに熱を貯め暖房の助けとする方法。

夏は逆の動きになりますが詳しくは 環境創機「そよ風」とは をご参考まで。

 

朝の気温は-5°晴天!!

絶好の体感が出来そうな日になりました。

 

こんにちは、京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室

住宅アーキテクト(この呼び名慣れません^^;)の中西義照です。

 

只今設計中のクライアント二組に空気集熱ソーラーシステムの「そよ風2」(環境創機)を体感してもらうべく、テイネンゴノイエ#03のオーナーにお相談したところ、快く引き受けてくださいました。

オーナーも建てる前に見聞を深めてこられた経験があり、実体験のもとに納得し決定するのが良いと考えておられ、これから建てる方には体感が良いだろうという事でご協力いただきました。

 

 

そして、オーナー自ら、そよ風の使用感と快適さの度合い等を 夏と冬の室温、外気温等のデータをプリントアウトしたものをご準備頂き詳しく説明していただきました。

 

冬場の暖かさはもちろんなのですが、夏場も外気が38℃近くになった時でも室温は30℃以上(エアコン使用無)にはならないというデータが少し驚きでした。

 

夏場の最高に暑い7、8月でも最低気温は24℃前後と意外と快適な温度滞の事が多く、この快適温度を積極的に取り入れる事(ナイトパージ)、放射冷却により冷やされた空気を基礎コンクリートに蓄冷させ、外気温が上がるころには空気の取り入れを止め基礎コンクリート表面を流れる空気を幾分か冷やしながら吹き出し、暑い空気は排出する事で室内の温度を上げにくくする効果が出ているという事です。

エアコンを短時間かけると短時間で室温は更に快適温度に到達する事でしょう。

夏の夜

夏の昼間

 

 

冬の使い方としては、一番気温が下がる朝に2時間ほどエアコンを運転し、快適温度に到達したら、翌朝まではエアコンはOFF。

日中はそよ風と太陽の直射日光(ダイレクトゲイン)が部屋を暖めてくれます。

そして日が落ちて徐々に室温が下がるのですが翌朝でも14,5度。(この日の最低気温は-3℃!)

室温を見ると個人差はありますが肌寒いかなという程度ですが、壁、天井、床の表面温度も室温に近い温度、(床は蓄熱の成果少し高めのようです)が保たれているため放射の感じ方も程室温と同程度、着衣量で調整すれば寒くはないとの事です。

 

就寝中に二度ほどトイレに起きられる時も廊下やトイレが寒いと感じた事は無いとの事。

北面に配置した脱衣や浴室にしても寒さは感じないという住み心地をお聞きして安心しました。

体感時にセンサーで色々な部分を測定して回りましたが室内毎の温度ムラが少なくなっている事がわかりました。

高齢者のヒートショック問題の温度ムラと室温の低さに対しては不安要素が少なく出来たかなと思います。

冬の日中

 

見学者には直接オーナーが語りかけてくださった事でそよ風にどのような効果があるのかという事が良くわかっていただけたのではないかと思いました。

設計者としては、住まい手が快適に暮らされている事を目の当たりして、そして予想以上に満足しているという言葉をお聞きして正直感動してしまいました。

オーナーに喜んでもらえる仕事をしっかりとやっていきたいと思います。

そして建築と人との幸せな関係をどんどん増やしていけるように取り組んで行きたいと思います。

 

本年もよろしくお願いいたします!

 

京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、 住宅アーキテクト(この呼び名、ほんま慣れへん^^;)中西義照のブログを読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年あけて早々のお忙しい時期にお時間を取っていただき感謝です。