ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

O House(仮)

@Ohouse  直接基礎でOK

構造設計者の岡本さんより 直接基礎と行きましょうとの回答有り。

 

地盤改良なしで進めることになりました。

基礎はべた基礎というコンクリートの一枚板のスラブ(床)で地盤と接します。

【↑※FORMAで設計する一般的な基礎】

 

地震時に建物の重さを受け止め、壊れないような厚みや鉄筋の量を構造計算によって導き出します。

更に施工誤差や要求事項を加味し補強の要否を設計に落とし込むことが大切です。

FORMAでの仕様は

基礎幅:150mm  スラブ(床)厚:180mm~200mm

特記仕様:一般社団法人関西建築構造設計事務所協会仕様書及び建築学会(JASS5)、共通仕様書 準拠しています。

 

 

べた基礎は設置面積が大きいので単位あたりの重さの負担が軽くなる基礎です。

地盤がしっかりしている事を確認した上でべた基礎にするのはより良い選択だと思います。