ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

alley house

  • @Alleyhouse(そよ風のある家)実施設計完了

    今回の打ち合わせはご自宅へ伺いました!

    出そろった見積もりを見て工務店さん選びの相談と間が空いてしまったので双方の思いに間違いがないかを実施設計図を見ての再確認。

     

    現場は図面を見て進んでいくので、図面が間違っていると困ります。

     

    工務店さんは面談の上選定という事になりました。

     

     

    ※壁の違いを検討 ステンレスのスクラッチ仕上げに決定!

     

     

  • @alleyhouse (そよ風のある家) 見積内容確認中

    見積もりがようやく出そろい内容を確認しています。

     

    仕様や内容が図面通りかを確認して次回にお施主さまに報告する予定です。

    来年の消費税のタイミングなんかも決まってきているようでそのあたりも要再確認ですね。

     

  • @Alleyhouse 実施設計中

    京都市の景観課から、審査完了のお知らせがありました。

    申請書類に何か所か追記説明を記入すればよいとの事。

    事前協議類は準備が整いました。

     

    後は工事見積もりの結果と業者さん選びが終われば、確認申請を提出してお墨付きをもらえれば工事着工に進みます。

     

    しかし今年は二度の大きな台風や大阪北部地震の影響で工務店、屋根業者に仕事が集中しているようで見積もりも工事も目処が立たないという話を聞きます。(足場も足りないらしい)

     

    Allyhouseも美観地区の関係で日本瓦葺なので諸に影響を受ける感じです。

    進めたいけど、こちらの思いだけが空回りです。

    (被害に会われて順番を待っておられる方の気持ちを思うと複雑です・・・)

  • @alley-house 実施設計中

    工務店さんに見積もりをお願いしました。

    待つ間に前回のCGをテストレンダリング。

     

     

    夜バージョン。

     

    こちらは煉瓦タイル仕上げ

     

    (レンダリングソフトの関係で入力した家具が消失してしまいました^^;)

     

    趣味嗜好は個人差があるものですがボクは長い目で見てステンレスのキッチンに合わせて周囲の壁もステンレスがよいという意見です。

     

    ヘアライン仕上げだと掃除が気になるという事であればスクラッチ仕上げだと楽かもしれません。

     

    スクラッチ仕上げとはこんな感じです。

     

    自宅のキッチンがこの仕上げ。

     

    12年経ちますが飽きもこなくて美しいと感じます。

     

    検討してみてください。

     

     

     

     

  • @alleyhouse 実施設計

    キッチンの設備機器類も決まりあと少しで見積もりに出せるかなというところ~^^

     

    キッチンの仕上げ部分に選択肢が出てきました。

     

    なのでCGで検討。

     

    先ずはキッチン回りの壁類をすべてステンレスでつくる当初案。

    (レンダリングの調子が悪くてごめんなさい^^;)

    土間の床がモルタルでリビングの床は杉材、リビングクロークの壁面がモルタル 、他は白い壁、キッチンがステンレスなので奥壁、袖壁もステンレス。

    吊戸棚の木製扉がアクセントになっていますね。

    すっきり納まるイメージです。

     

     

    そしてこちらがレンガタイルを張る版(リビングクローゼットの壁面も同様に張ってみました。

    好みが分かれるところですが、今はやりのブルックリンスタイルのインテリアのようになります。

    となると床の杉はラスティックグレードの使い古されたラフな広葉樹のフロリーングが合いそうです。

    キッチン吊戸棚は木製オイルステインクリア仕上げとしていますがモルタルの灰色などに合わせて塗装した方が落ち着くように思います。

    となると、反対側の手洗いカウンター付収納も同様の仕上げになるでしょうか?

     

    次回ご意見聞かせてくださいね。