ARCHITECTURE DIARY

建築現場日記

alley house

@alley house (そよ風のある家) 解体始まる

京都では解体屋さんも引っ張りだこの様で工事の予定が定まらない状況でしたが

いよいよ始まりました。

内部の家財を搬出して、中から工事しています。

 

そして足場が建てられ、トラックが荷台を突っ込んでヤドカリの様。

 

荷台が異様に大きいトラックのようにも見えました^^

 

そして確認申請は済となりいつでも工事が入れるようになりました。

 

解体が出来たら地盤調査、地盤の判定(構造設計者が不要と判断した場合はなくなります)、地盤改良(地盤調査結果による)基礎工事 の段取りで進みます。

 

解体が進んだ状況で周囲の境界の確認もした方がよいので土地家屋調査士さんとも連絡を取り合い進みます。