住宅アーキテクト

中西義照のブログ

@日々雑感 MTBお散歩 ライド A越え

京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、中西義照です。

建築が好きで心地の良い居場所を探究しています。

今日は居心地じゃなくMTB台風後トレイルの様子です。(関心のある方はお読みください^^)

まあ、山の居心地は最高に気持ちが良いですが!

 

 

11月初旬。

台風明けにどこに行こうかと迷いましたが、2時間ほどで帰れるコース設定でA越えへ。

倒木は覚悟の上で!

台風後のA越え 舗装道も葉がたくさん落ちていてトレイルの様、登りは体力が奪われます。

途中の休憩スポット。紅葉が始まっています。

覚悟の上とは言えこの有様。

既に道以外のところを登ります。

ここの急坂は滑る滑る。

山靴でよかった!

この靴ソールはステルスラバー、ペダルとの相性も良いのです。(510じゃなく520は謎?)

 

 

落ち葉で道が全く分からず、分岐をスルーして谷沿いに進んで道を見失う!

かろうじて一本アンテナでMAPと以前のトレイルを見比べて昇る事を決意。

17Mの急な山肌をMTBを担いで夢中で登る。

やっといつもの道にたどり着く。(ほっ)

この時点で気力体力大分使いましたね。

木を越え。

迂回し。

木をくぐり。

崖を横目に。

 

冷や冷やしながら進む。

尾根にある大きな木が多く倒れていました。根の範囲は広いのですが意外と浅いのに驚きです。

ここまで乗るというより押し歩きがほとんど。

何故、MTBを持ってアドベンチャーハイクしているのだろう???

でも気持ちいいところもあり、それなりに楽しめました。

 

A越えが以前のように気持ちよく走れるようになる為には相当手入れが必要だと思いました。

最初は小枝を避けたりしていましたが、大きな倒木が多かったので如何ともしがたく偵察ライドを終えました。

当たり前のようにあるトレイルですが、使われる方々の整備や気持ちがあって存在しているのだなと感謝の気持ちが湧いてきました。

これからも自分が出来る事を心がけてトレイルに入りたいと思います。

 

 

戻ってから手入れしていてたら、やっちゃいました!

ネジの山がねじ切れた!(ブレーキの台座)

行きつけのお店の人に聞いてみたら、これが使えるとの事。

 

修理するまではお預けになります。(T_T)

トルクレンチも要るな!

京都の設計事務所FORMA(フォルマ)建築研究室、中西義照のブログ「日々雑感」を読んでいただきありがとうございました^ ^