WORKS

事例

テイネンゴノイエ #01

京都市伏見区

  • MEMO
    南側に位置するダイニングです。Y邸は南北に長い敷地の中央にキッチン、北にリビング、南にダイニングがあります。玄関のすぐ隣にあるので、ご近所の方が少し来られてもここのダイニングでお話しできて便利です。とおっしゃいます。
  • MEMO
    朝はお父さんがご飯の用意をしてくれるんです。というY邸。お2人でキッチンにたたれることもよくあることで、とても仲の良いご夫婦が、2人一緒に料理ができる場所です。
  • MEMO
    ダイニングから庭への掃き出し窓には格子窓があります。留守の時に雨戸を締め切り、いかにも留守というより、鍵もかかる格子窓は防犯的にもいいようです。
  • MEMO
  • MEMO
    社交ダンスをされるおばあちゃまの洋服を楽しそうに見るお嬢ちゃま2人。2階の夫婦の寝室の壁一面がクローゼットです。
  • MEMO
    北側のリビング。北庭は小さなものですが、緑があり静かで落ち着きます。窓が腰かけ位置にあります。
  • MEMO
    玄関から2階への階段、キッチン、奥のリビングを見ています。全く独立したキッチンでもなく、オープンでもないキッチンが適度に人の気配を感じます。
  • MEMO
  • MEMO
    階段の幅は1.3m(70㎝位が多い)。三人並んでも歩ける幅です。ここは、ダイニングに続いているので、たくさん人が来られても、この階段をベンチ代わりに使うこともできます。実は、まだまだ元気なご夫婦ですが、将来足腰が弱った時でも階段昇降機が取り付けられるように考えたものです。
  • MEMO
    2階の廊下横に少しスペースがあります。本を読んだり、奥に見えるベランダから取り込んだ洗濯物をたたんだり、アイロンをかけたりすることもできます。
  • MEMO
  • MEMO
    ご夫婦の寝室。2階にあります。洗面所や浴室も2階、洗濯も2階、物干しも2階、収納も2階。洗濯動線がとても短いです。
  • MEMO
    ちょうど玄関上に洗濯物干し用のベランダがあります。南にあり日当りもいい場所です。道路からは格子があるので洗濯物は見えなくなっています。
  • MEMO
    娘家族が帰ってきた時の寝室にも使えるロフトスペースです。奥の窓は北からの風が寝室に抜けます。
  • MEMO
    1階のトイレ横にシャワースペースがあります。2階が浴室のY邸では、老後のことも少し考えながら1階にシャワーができるスペースを作りました。老後でなくても夏場にサッとシャワーができるのはとても便利そうです。
  • MEMO
    屋根、外壁はガルバリウム鋼板、外張り断熱、床は杉材、内壁は珪藻土です。落ち着いたたたずまいでありながら、周囲の環境にも開いた家でありたいというご夫婦らしい住まいになりました。
  • MEMO
    ダイニングから続く庭に、この夏は向日葵が驚くほど大きな花をたくさん咲かせていました。夏の日差しも1階の庇のおかげで直射日光が遮られ、程よく感じられます。

SPEC

テイネンゴノイエ #01

京都市伏見区

  • 構造:木造2階建て
  • 敷地面積:126.78 ㎡
  • 延べ面積:98.95 ㎡
  • 家族構成:夫婦
  • 竣工:2013年12月
  • 外皮平均熱貫流率(UA):0.63W/m²K
  • 冷房期の平均日射熱取得率(ηA):2.3
  • 熱損失係数(Q値):2.2W/m²K

全国の外皮性能基準値はこちら
※ 地域区分「6」を参照

category :

テイネンゴノイエY邸は60代のご夫婦2人暮らしの住まいです。ご夫婦2人になってからの建替えです。 北は大きな運動場、南側の道路がちょうどT字路にあたり、南北に風も視線も抜けるとても良い場所です。 建替え前は、南の日当りの良い部屋が充分に使われておらず、北にキッチンとダイニングあったことから、冬でも寒い北側で過ごされることが多かったようです。
お二人共に定年まではフルタイムで仕事をされ、定年後はそれぞれの趣味を日々愉しまれています。娘家族が遊びに来ることもあり、新しい住まいは、そんな日々の暮らしや老後のことも考えながらのプランになりました。