SPEC

家のスペック

数値で表す性能基準
耐震、断熱、気密

家の基本性能を数値化する

構造体や断熱、気密等の家の基本性能は、目に見えないところなので、デザインや間取りといった目に見えるところに比べ分かりにくくてこれくらいでいいだろうと思いがちかもしれません。

しかし、基本性能といわれるところこそ、将来かえることができにくく、暮らしはじめてからのコストや、安心安全といった家の居心地につながる大事なとろこです。

FORMAでは、以下の数値を目標基準としています。

  • 耐震等級:3※1
  • 省エネ等級:4※2
  • UA値 ≒ 0.5W/m²K
  • Q値 ≒ 2.0W/m²K
※1 建築基準法の1.5倍の地震に対抗できる性能
※2 次世代省エネ基準

目に見えないところをどうして判断するのかと思いますが、耐震、断熱、気密等、家の基本性能は数値化することができます。
ですので、性能値を確認することで、見に見えない部分の家の居心地が見えてくることになります。

断熱性能、気密性能を高めると、冬場、南窓からとりこんだ太陽の熱を保ち、熱の逃げにくい家になり、熱を逃げにくくすると、電気やガスや灯油といった既存のエネルギーの消費を抑えることができます。

暑さ寒さへの対応が足りない場合にだけ、エアコンの冷暖房や、電気、ガス、灯油、薪ストーブなどの暖房で補います。

高気密高断熱の住宅にすることで、ランニングコスト(光熱費)を抑え、燃費のいい家になって、人にやさしいだけでなく、家計にもやさしい家になります。

FORMAでは、住宅の外皮性能予測、外壁・屋根の結露の発生シミュレーション、一日の室温変化シミュレーション、冷暖房の能力算定シミュレーション、光熱費のシミュレーション、それぞれを予測しながら設計をしています。

UA値(外皮平均熱貫流率)とQ値(熱損失係数)の実例

UA値
(外皮平均熱貫流率)
Q値
(熱損失係数)
テイネンゴノイエ#030.551.89
うちんく0.562.22事例を見る
KISSACO0.552.24
ほどよい家0.541.97
サルトリイバラハウス0.441.71事例を見る
タイニーハウス0.421.74事例を見る
カジュトクラスイエ0.541.77事例を見る
テイネンゴノイエ#02--事例を見る
テイネンゴノイエ#010.632.20事例を見る