PASSIVE DESIGN

パッシブデザイン

冬は暖かく
夏は涼しく

パッシブデザインとは

パッシブデザインというのは、太陽の熱や光、風や気候などの自然エネルギーを建築的にコントロールして、温熱環境を整えようとする設計の方法です。

山や田畑、自然豊かな場所に暮らす家だけではなくて、どの家にも、太陽の熱や光、風、気候、景色といった自然環境が家をとりまいています。どの家も自然の中に家を建てているということです。

建築的に自然エネルギーをコントロールするというと難しいようですが、風の通り道、明るさの調整、冬は熱を取り込んだり蓄えたり、夏は熱を逃がしたり、といったことを季節に応じて上手にいかす設計とすることです。

例えば、扇風機など風があると涼しさを感じることができるように、窓を家の対角に配置したり、風の通る方向を把握したり、自然の力で風が通るように考えることです。

冬の熱の取り込みには、窓からのダイレクトゲイン(太陽光)の他、パッシブソーラー集熱システム(そよ風、びおソーラー等)を取り入れることもあります。取り込んだ熱は、コンクリートや土壁、石材等の蓄熱容量の高い素材に蓄熱させます。夜や曇った日など、温度が下がってくると蓄熱体から熱を放出させ室内を暖める簡単な仕組みです。

地域の気候特性を把握し、必要な性能基準と、自然エネルギーをコントロールする仕組みや考えを入れることで、春や秋のように過ごしやすい室温で暮らせる期間を長くする家を目指しています。

暮らしの工夫

高断熱、高気密、、パッシブデザインといったことの効果をより高めることができるのが暮らし方の工夫です。

窓の外側に簾(スダレ)やよしずを利用する。
グリーンカーテンを育てる。
夕暮れに打ち水をする。
南の庭に夏は陽ざしを遮り冬は陽ざしが射し込む落葉樹を植える。

住まい手ができる暮らし方の工夫はいろいろありますが、その効果も大きいです。
無理なくできることを少しでも取り入れる暮らしができるといいと思います。