住まい方アドバイザー

中西千恵のブログ

家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します。
私たちとたくさん話しながら楽しい住まいを考えましょー♪

「もう〜これじゃまー!」って言われないように、ものに指定席。

京都で個人住宅の設計をしているFORMA(フォルマ)建築研究室の住まい方アドバイザー中西千恵です。

 

誰それ?どんな人?と興味をもってくださった方はこちらのブログをご覧くださいね♪

↓↓↓↓↓

住まい方アドバイザー 中西千恵のプロフィール

 

 

今日は税務署、市役所、銀行。おじいちゃんちも様子を見に行って(鍵忘れて、玄関前で寝てたおじいちゃんを電話鳴らして起こして開けてもらった。アララ。休んでる人のじゃましに行ったみたい(汗))、子供の学校がやっと始まって、すでに始まってるけど今日から自分も仕事始めの気分でした。

 

 

いろいろ用事の合間に目に止まったのが、このチューリップ。お花屋さんはもう春でした。黄色とピンクと赤のチューリップが、可愛いー♡

 

大きな声で「私、お花が好きなんです。」と言うほどではないほどほどの花好きなので、名前も知らないし詳しくないけど、とりあえず好きなので、お花屋さんの前は足がとまります。(急いでるときは素通りするよ。)

 

 

そして今日もほんの3本チューリップを買いました。今年はピンクなのです。「全然ピンクのイメージないで。」って言われても、とにかく今気になるのはピンクです(笑)

 

 

チューリップを飾ったら、一気に春気分!単純ですが、花で気分があがります。お天気でも気分があがります。今日も運転中に晴れてきたら、グンとワンステップ気分があがりました。ホント単純です。

 

お天気は自分でどうしようもないけど、自分の気分があがるものが何かを知ってると、わりと機嫌よくいられるのでおススメです。やることいっぱいあっても、帰ってから玄関、トイレ、棚の上、花瓶に花をさして飾るのが自己満足でいい気分でした。

 

 

漫画、フィギュア、器、本、お酒、文房具、レコードやCD、帽子や靴、たとえ家族には理解できないものでも、使う使わないではなくて、持つことやそこにあることで、ご機嫌になるものは大事なものということです。

 

場所のいるものならしっかり指定席を作ってあげましょう。指定席がしっかりあると、「もう〜これじゃまー!」って言われなくてよくなります。家を考えるとき、生活必需品ではないもののスペースもしっかり考えるのが大事です。決まった場所がなくてあちこち散らばる自分だけの大事なものは、家族には不要なモノにしか見えません〜(笑)

 

 

「家を考えようと思う仲良し夫婦を応援します!

私たち夫婦とたくさん話しながら楽しく暮らす住まいを考えましょう♪」