FAQ

家づくりに関するよくある質問

ご相談について

土地が決まっていませんが相談できますか?

はい、可能です。気軽にご相談ください。

これから永く暮らしていく場所を決めることはご家族にとってすごく重要なことです。また、土地は家づくりの総予算に大きな影響を与えます。土地探しからフォルマにご相談いただくことで、様々な可能性をご提案できると思います。土地からの家づくりのページをぜひご覧ください。

家づくりの総予算が決まっていなくても相談できますか?

はい、可能です。気軽にご相談ください。

家づくりはご自分に合った予算を把握することが重要です。フォルマではファイナンシャルプランナーとご相談されることをおすすめしています。ご自分のライフプランにあった予算の考え方や、住宅ローンの賢い借り方など、ご相談されることでご自分だけで考えられている場合より広がりのある選択肢が見つかると思います。

プランだけをしてもらうことはできますか?

設計を依頼していただく前提でのプランの作成はさせていただいております。

平面図、立面図、模型、スケッチでご覧いただきます。費用は¥50000-です。現地の調査、関係法令調査、予算も含めてファーストプランを作成しますので、設計依頼を前提にしないプランだけのご依頼はお受けしておりません。プランをご覧いただき、一緒にご自分の家を創るパートナーとして任せられそうだと思われましたら、設計監理の契約をさせていただきます。その場合は、ファーストプラン費用¥50000-は設計監理費用から差し引かせていただきます。 

費用はどの時点でかかりますか?

ご相談や家の見学などは無料です。

こちらからお伺いするご相談や、遠方の場合などは、実費交通費をいただく場合がございます。プランの作成を申し込まれた時点から費用が発生します。

遠方ですが依頼出来ますか?

はい、可能です。

ただし、遠方での打ち合わせと現場監理に際し、別途、交通費と出張費が必要となります。

事例ページの家を見学してみたいのですが可能ですか?

フォルマの自邸「N's House」はいつでも見学可能です。

他の事例につきましてはお住いのご家族に確認のうえ、OKいただければ見学可能です。日程の調整ができれば、見学いただけるケースが多いですのでお問い合わせください。

スケジュールについて

完成までどのような流れになりますか?

家づくりの最初は、予算・土地・スケジュール・そして住まい手の家に対する想いやご希望について、じっくりお話をお聞きすることから始まります。

家づくりの大まかな流れは下記となります。

お問合わせ・ご相談 → ファーストプラン → ご契約 → 基本設計 → 実施設計 → 工事開始 → 上棟 → 完成 → 点検

家が完成するまでどれぐらいの期間が必要ですか?

設計期間が半年、工事期間が着工から完成まで半年、ほぼ1年とお考えください。

価格について

1000万円台で家が建ちますか?

面積や、仕様にもよりますが1000万円台で家は建ちます。

詳しくは FORMAの考える家の価格 についてご覧ください。

工事費用として坪単価として家の価格が表示されますが、どのようなものですか?

工事価格÷面積(坪)=坪単価となります。 

面積には施工面積と延床面積があります。
「延床面積」は実際の床面積で、バルコニーやポーチ、床下収納などは含みません。
「施工面積」は建築基準法で定められた延床面積以外にバルコニーやポーチ、床下収納や小屋裏収納、ロフト等を含めたものです。
ケースによりますが施工面積は延床面積の1~2割増しの面積となります。
工事費用を坪単価で算出する場合、面積が大きいほど坪単価は安くなります。一般的に住宅広告などに掲載されている坪単価は、施工面積が使われていることがほとんどです。 FORMAの価格ページに掲載している工事費用の坪単価は延床面積で計算しています。比較する場合はこの違いにご注意下さい。

工事費以外でかかる費用はどんなものがあるでしょうか?

建物本体の工事で必要な諸費用が必要となってきます。 

具体的には下記のようなものがあります。
・上下水道引込工事費、加入金、負担金など(上下水道の引込がない場合) 
・地盤調査費用、地盤改良費用(地盤が軟弱な場合)
・外構費(塀や樹木、駐車場等)
・式典費(地鎮祭、上棟式等) 
・家具購入費(造作家具を除く) 
・カーテンなど
住宅広告などに掲載されている工事費用が、本来無くては工事できないはずの工事が別途になっている場合があります。 例えば仮設工事、敷地内の設備配管が別途になる場合など、必ず必要な工事費用ですので、注意が必要です。

工事見積もりの確認はしてもらえますか?

はい、設計者として責任をもって行います。

家づくりの大まかな流れは下記となります。

設計者は建物を設計するだけでなく、建築の様々な場面でクライアントの代理人として助言や交渉を行います。 建築工事の見積り項目の確認、数量や単価、専門工事業種の労務費なども確認します。仕入れ方法や見積りの考え方を変える事で減算が出来る場合も有ります。住まい手、施工者がお互い納得できる方法を提案する事も考えます。 クライアントにとって予算が無駄に掛かかることのないように確認することができるのも設計者だからできることです。

工事について

工務店はどのように決定しますか?

ご要望がない場合は、フォルマで過去事例などで工事を依頼した工務店や工事会社をご紹介させていただくことになります。

設計者の意図を理解し、価格においても適正な工事金額であり、施工技術のしっかりした信頼できる工務店、工事会社に依頼します。

セルフビルドを取り入れたいのですが可能ですか?

可能です。

思い出や愛着を感じることにつながるのでペンキや左官塗り等、セルフビルドされることは大賛成です。

施主支給品で工事してもらうことは可能ですか?

可能です。

但し、現場に直送する場合の荷受や管理、梱包材処分についてご自身で対応いただくことになります。工務店や工事会社に依頼される場合は費用が発生する場合がありますのでご注意ください。

リノベーションについて

耐震診断とは何ですか?

地震による建物の壊れやすさを診断する事です。

木造住宅を例とすると建築防災協会の定めた耐震診断方法に基づき計算をし、大きな地震が来た時の壊れやすさを数値で求める事ができます。耐震改修時も同様の診断方法で計算を行い改修後の数値を求める事ができます。 FORMAでは行政の行う耐震化を進める取り組みに協力しています。特に耐震基準の変更前となる昭和56年以前の建物は診断されることをおすすめします。

耐震改修ではどのような事をするとよいのですか?

耐震診断後に、耐震診断ソフトを使い、目標数値まで耐震性能を高めるためにシミュレーションを行います。

耐力壁の増設や補強、壁の偏りを整える、建物重量の軽量化、劣化の改修、リノベーションの部位と合わせて無駄なく計画する事が大切です。

住宅医とは何ですか?

一般社団法人住宅医協会が行う住宅医スクール全講義を受講し認定された建築士のことです。

住宅医スクールは、ロンドンのレディング大学の建築病理学カリキュラムを参考にして、日本の木造建築におとしこみ、調査方法の開発や求められる性能を向上させる為の改修手法の確立を目指し、同時にそれらを実社会の中で実践していく人材の育成のためのスクールです。フォルマの中西は住宅医協会が認定する住宅医です。 住宅医の一覧 

住宅医協会とはどういった団体ですか。

住宅医の普及をもって持続可能な社会の構築に寄与することを目的とした一般社団法人です。

既存住宅の調査診断、改修、維持管理に関する技術開発と人材育成に関する活動を行っています。 住宅医協会

アフターケアについて

完成後のメンテナンスが気になります。

フォルマでは、完成後、半年、1年、2年、の点検を無料で実施しています。

永く安心して暮らしていただくためにも、メンテナンスは悪くなる前に対処することが大切です。点検時に、ご自分でも点検できるようなアドバイスをさせていただきます。実際にメンテナンスが必要になった場合は、工事会社に対応していただくことになります。

保険や補償はどうなっていますか?

設計に関しては、フォルマでは設立当初から建築士賠償責任保険に加入しています。

又、新築した住宅の基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)に関して、完成引き渡し後から10年間になんらかの瑕疵(欠陥)が見つかれば、工務店や工事会社に対して、無料補修などが義務づけられています。住宅瑕疵担保履行法が制定され、新築住宅の建設事業者や販売事業者は、瑕疵担保責任を果たすために行う修理費用を、住宅の引き渡しの際に「保険」か「供託」により確保することが義務づけられています。